>   > 教育サービスの料金比較

教育サービスの料金比較

塾、家庭教師といろいろありますが、金額を明記しているホームページは実際少ないのが現状です。
ついつい安いから、キャンペーン期間中だからと、安さで比較しがちですが、
重要なのは、お子さんに合っているかどうか?
お子さんの生活リズム、勉強レベル、性格などを一番に考えて、どこにするのか決めることが必要です。
とはいっても、やっぱり気になる料金は?
ここでは塾、他社の家庭教師の一般的な料金体系をご紹介しますので参考にして下さい。

なににどれぐらい必要?教育サービスの料金体系

塾、個別指導、家庭教師など、たくさん教育サービスがあり料金も多種多様です。
なににどれぐらい必要なのか???
必要な料金ごとに解説していきます。

必要な費用の一覧

基本料金となる指導料や授業料の他に、塾、家庭教師ではそれぞれいろいろと必要な費用があります。 金額は、会社によって色々ですが下記○のついているところが必要になる費用となりますので、塾や家庭教師を選ばれる際の参考にして下さい。

指導料 交通費 教材費 管理費 選抜日 更新料 講習費
家庭教師
デスクスタイル

指導料について

指導料、塾では授業料といわれる必ず毎月かかる最低限の費用となります。

《塾の授業料について》
塾では、教科ごとに金額が設定されている場合が多く、1教科あたり10000円〜15000円ぐらいが平均的な金額になります。
英数2教科だと月々20000円〜30000円かかる計算になります。

《他社家庭教師の指導料について》
家庭教師の場合は、教科に関係なく1時間あたりの金額が設定されていて、週に何回、何時間の指導を行うかによって月々の金額が変わってきます。
一般的には、時給は3000円〜5000円ぐらいが平均的な金額で、先生のレベルやお子さんの学年によって時給が高くなっていくところもあります。
家庭教師の場合は週に1回2時間あたりからスタートするところが多く、
1時間3000円としても3000円×2時間×4週間=24000円かかる計算になります。
週2回になると倍の費用が必要になりますが、教科に限らず教えてもらえるメリットがあります。

《デスクスタイルの指導料は?》
デスクスタイルは、一律1時間1500円となります。
他社の家庭教師に比べて時給が安い理由は、他社家庭教師では、保護者さまが会社には3000円支払い、その中から先生へは1500円を渡す仕組みになっていますが、デスクスタイルでは指導料は直接、月末に指導回数分を保護者さまから先生に手渡しで支払って頂いている分、指導料を安く抑えることができるのです。
またデスクスタイルは、先生のレベルやお子さんの学年によって時給が上がることはありません。
デスクスタイルは週に1回2時間あたりからスタートするところが多く、
1時間1500円×2時間×4週間=12000円となります。 指導料が安く抑えている分、週2回になっても24000円と回数が増えても指導料を低く抑えられるメリットがあります。

交通費について

塾では交通費は必要ありませんが、家で指導を受ける家庭教師では、一般的に交通費が必要になります。交通費については、他社家庭教師もデスクスタイルも基本的には実費を頂いていますが、通学定期でいける範囲や、自転車などで行ける場合は実費のみとなりますので、低く抑えることが可能です。

《デスクスタイルの交通費は?》
デスクスタイルは、片道300円を上限に先生を選抜していきます。

教材費について

指導料、授業料の他に教材費が必要になる場合があります。

《塾の教材費について》
塾では、教材費は塾によって様々ですが、1教科あたり3000円〜5000円ぐらいが平均的な金額になります。
塾の教材費は、1冊あたりは1000円前後となりますが、毎月必要な教材と年間通して使用する教材、問題集や解答なども、それぞれ費用がかかることが多く、月間に必要な費用が意外と高くかかる場合がありますので、塾へ問い合わせる際は、細かい詳細まで聞くよう注意して下さい。

《他社家庭教師の教材費について》
他社家庭教師の場合は、先生が使用しやすい参考書や問題集を選ぶことが多く、その実費はご家庭の負担となります。
基本的には書店に売られている中から選んでこられるので、1冊あたり1000円前後で抑えられますが、先生が変わるたびに違う参考書になる場合があり、その都度実費が必要になることと、使う参考書が変わることで、お子さんの負担が増える場合があります。

《デスクスタイルの教材費は?》
デスクスタイルでは、家庭教師の指導日だけでなく、先生のいない日の家での予習復習や勉強のペース作りに力を入れていますので、お子さんの学校の教科書にピッタリあったテキストを用意しています。
指導料を低く抑えている分、教材費については学校の教科書対応のものを使用することから
英数国が各4100円、理社が各3300円と若干費用がかかることになります。
ただし使用するテキストを統一しているデスクスタイルでは、先生が交代しても使うテキストは変わらず勉強していくことができますので、お子さんの負担も軽くなります。
またお子さんの教科書にピッタリ合っていますので、毎日の予習復習、学校のテスト対策も、しっかり対応して効率よく勉強することが可能です。

管理費について

他社の家庭教師では毎月管理費が、塾では施設使用料という項目の費用が毎月かかります。
塾の施設使用料は、金額は様々ですが、1000円〜2000円程度が平均的な金額です。
他社家庭教師の管理費は、平均的に4500円〜5000円の金額が毎月必要になる場合が多いです。
デスクスタイルでは、毎月かかる管理費は必要ありません。

選抜費について

他社の家庭教師では先生を交代して欲しい時に、選抜費として5000円〜10000円かかる場合があります。
デスクスタイルでは、先生の交代の際も選抜費は必要ありません。
また「相性ピッタリ保証」ですので、お子さんとの相性が合わない場合は、何度でも先生を選び直します。

更新料について

塾や他社家庭教師では、学年が変わるごとに更新料が必要な場合があります。
デスクスタイルでは、更新料は必要ありません。
また学年が上がっても、1時間あたりの指導料が上がることもありません。

講習費について

塾では、夏休みや冬休み、春休みに夏期講習などの強化講習があります。強化講習では、普段の毎月の授業料よりもかなり高く設定されているところが多く、毎月の指導料のほかに5万円〜10万円必要になることがあります。
春、夏、冬の3回の講習代だけで年間15万〜30万円かかることもありますので、塾に申込になられる際は、講習費用もしっかりと聞かれることをおすすめします。
デスクスタイルでは、長期休暇中は指導回数を状況に応じて増やすことが可能です。
また指導料を安く設定しているデスクスタイルでは、長期休暇中に指導回数や時間を増やしても
1500円×追加の指導時間で安心です。

デスクスタイルVS塾との料金比較と特徴
どっちがおトク?他社サービスの料金比較
指導回数が増えるほどデスクスタイルがとってもおトク! 塾の毎月の料金は授業料+教材費+教室使用料、年間では夏期講習などの講習代、テスト代などが必要になります。
授業料は平均的には1教科12000円、教材費は1教科3000円〜5000円、教室使用料は月1000円〜2000円程度が平均的な金額です。
ひと月の料金では、デスクスタイルと塾では、週2回英数の指導料金ではほぼ同じ程度となりますが、塾の場合は教科ごとに料金が必要になる場合が多いので英数以上の教科数となってくると負担が大きくなる場合があります。デスクスタイルでは1対1の指導ですので、指導日によって教科を決める必要がありませんので、つまずいている教科中心に効率よく勉強することが可能です。
また塾の場合は、夏期講習など長期休暇中の講習の料金が5万円から10万円程度かかることから、
年間では20万ほどプラスの料金が必要になります。 デスクスタイルでは、長期休暇中は弱点補強などで回数を増やす場合もありますが、一律1500円/時間ですので、塾の講習代ほど負担が増加することはないので安心です。
デスクスタイルVS他社家庭教師との料金比較と特徴
どっちがおトク?他社サービスの料金比較
指導回数が増えるほどデスクスタイルがとってもおトク!

《指導料の違いは?》

デスクスタイルでは指導料は毎月末に保護者さまより先生へ指導回数分を直接お渡しする形式をとることで、1時間1500円と指導料を安く抑えることができています。
他社家庭教師では保護者さまから会社に支払う指導料は、1時間3000円〜5000円ですが、先生へは約半分の1500円程度しか支払われないことから、先生がもらえる指導料はデスクスタイルと同じ額になります。

《教材費の違いは?》

デスクスタイルでは、先生のいない日の家庭学習の習慣づけに力を入れていることから、お子さんの学校の教科書にしっかり対応したテキストを用意しています。
他社家庭教師では、教材費は必要ありませんが先生が選ぶ参考書や問題集を書店で購入する必要が生じます。また先生が変わるたびに使う参考書が変わるというデメリットがあります。
その他、他社家庭教師では教材費の代わりに管理費として毎月4500円ほど必要になります。

《ひと月の必要な料金の違いは?》

週1回指導の場合、デスクスタイルは指導料と教材費合わせて月20200円
他社家庭教師では、1時間3000円、管理費4500円として、月28500円となり、
デスクスタイルの方が8300円安くなります。
週2回指導の場合、デスクスタイルは指導料を安く抑えていることと、教材費は週何回でも変わらないことから月32200円ですが、他社家庭教師では指導料が大きく増加し52500円となり、
デスクスタイルの方が、23300円も安くなります。
またデスクスタイルの指導料は一律1500円/時間ですが、他社家庭教師では先生の学歴や年齢、生徒の学年などにより指導料は高くなり、受験が近づくにつれて指導回数を増やすことを勧められますので、指導料負担が大きく増加しデスクスタイルとの差は大きく広がっていくことになります。 また他社では毎年更新料として10000円〜20000円必要な場合がありますが、デスクスタイルは更新料はありませんので安心です。

デスクスタイルにかえてよかった喜びのナマの声・口コミ

デスクスタイルの生徒は、すでに他社の家庭教師を経験し上手くいかなかった子がたくさんいます。
デスクスタイルに切り替えて、
「勉強のやり方から教えてもらって自信がついた!」
「自分から勉強するようになった」
「学校の授業がわかるようになった」
「先生が来るのが楽しみになってきた」
「兄弟で教えてもらえて指導料の負担が減った」
などなど、頂いた保護者様の喜びの声の一部をご紹介します。

    勉強苦手、勉強嫌いな平均点以下のお子さんに強い!

    デスクスタイルは、勉強が苦手、勉強が嫌いな平均点以下のお子さんに強い家庭教師として、他社とはひと味違う強みを紹介しています。下記をクリックし是非参考にして下さい!

    勉強苦手・勉強嫌いな平均点以下の子に強い!8つの強み!

    今すぐ無料体験学習に申し込む

    割引キャンペーン実施中

    時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
    無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

    家庭教師のデスクスタイル > 教育サービス比較 > 教育サービスの料金比較