高校受験情報

岐阜県

高校入試制度は都道府県により大きく違います。
岐阜県の入試制度を知っておくことが高校合格への第1歩!

岐阜県 高校入試情報(平成29年度)

岐阜県の公立高校入試は、第一次選抜と第二次選抜が実施されますが、第二次選抜は定員に満たない高校のみの実施となりますので、事実上、1回の受験となります。

総合点(内申書の評定と学力検査の成績の合計)が7:3〜3:7の範囲で高校により傾斜が違いますので、志望校選択の際に自分の強みを活かせるよう選択の際の1つの基準として考えておきましょう。

また岐阜県の内申点は、中学1年生〜3年生の3学年の評定が必要になりますので、1年生の学校の定期テストの対策をしっかりしておくことが、高校入試の第1歩となります。

『第1次選抜』

《入試日程》
平成29年3月9日(木)
《合格発表》
平成29年3月16日(木)
《受験実施校》
全高校・全学科で実施。
《学力検査》
英語 100点(50分 リスニングテストあり)
数学 100点(50分)
国語 100点(50分 課題作文あり)
理科 100点(50分)
社会 100点(50分)
合計500点満点
※一部の高校で傾斜配点を実施
《その他の検査》
音楽科、美術科は受験者に実技検査あり。
一部の高校で受験者に面接を実施。
独自検査では、面接、小論文、実技検査、自己表現の中から高校が指定して実施。
《内申点の算出方法》
1年生の9教科×5段階=45点
2年生の9教科×5段階=45点
3年生の9教科×5段階×2=90点
合計180点満点
《総合点の算出と受験者の合否判定方法》
内申点180点:学力検査点500点を、「7:3」「6:4」「5:5」「4:6」「3:7」を各学校で決定。

「標準検査の受験者の合否判定」
内申書と標準検査の結果を総合的に判断。

「独自検査を行う高校受験の合否判定」
先に入学定員の30%を上限に内申書、標準検査、独自検査の結果を総合的に審査し合格者を決定し、その後残りの定員を内申書と標準検査の結果をもとに選抜する。
《岐阜県教育委員会》
もっと詳しい岐阜県の公立高校受験、入試制度の情報は岐阜県教育委員会の高校入試情報のページで確認下さい。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/
《岐阜県の公立高校・私立高校の偏差値》
岐阜県の公立高校・私立高校の偏差値の一覧を下記ページにまとめています。
高校受験の志望校選択の参考にして下さい。
岐阜県の高校偏差値表(http://www.deskstyle.info/koukoujyuken/gifu/hensachi.html)

♡♡ 岐阜で家庭教師をお探しならデスクスタイルへ ♡♡

岐阜で家庭教師をお探しの方は、デスクスタイル岐阜県ページをご覧ください
岐阜県の生徒の口コミ、体験談、家庭教師からの応援メッセージなど多数掲載しています。
家庭教師のデスクスタイル岐阜エリアページはコチラ
今すぐ無料体験学習に申し込む

割引キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

家庭教師のデスクスタイル >  > 岐阜県の高校受験について