私立高校入試について

私立高校入試について

私立高校では、入試科目・日程など各校が独自で決めています。
入試の種類は大きく分けると、推薦入試・一般入試の二種類になります。

推薦入試 1月中旬に実施される学校が多いです。 推薦入試は基本的に専願のみです。
一般入試 2月上旬(公立高校推薦入試より前)に実施される学校が多いです。
ほとんどの学校が同じ日程で実施します。

全国的にみても私立高校では9 割が、推薦入試を実施しています。
推薦入試の一番のメリットは、なんといっても合格のチャンスが増えること。
低倍率で合格しやすい学校もある上、仮に不合格になっても一般入試で再受験できるからです。 推薦は専願の学校がほとんどなので学校選びが重要になります。 一般入試に関しては併願可能な学校がほとんどなので、公立高校が第1志望の場合は安全策として受験しておくと良いでしょう。

推薦基準

全国的にみても私立高校では9 割が、推薦入試を実施しています。
推薦入試の一番のメリットは、なんといっても合格のチャンスが増えること。 低倍率で合格しやすい学校もある上、仮に不合格になっても一般入試で再受験できるからです。
推薦は専願の学校がほとんどなので学校選びが重要になります。 一般入試に関しては併願可能な学校がほとんどなので公立高校が第1志望の場合は安全策として受験しておくと良いでしょう。

入試相談会

全国的にみても私立高校では9 割が、推薦入試を実施しています。
推薦入試の一番のメリットは、なんといっても合格のチャンスが増えること。 低倍率で合格しやすい学校もある上、仮に不合格になっても一般入試で再受験できるからです。
推薦は専願の学校がほとんどなので学校選びが重要になります。 一般入試に関しては併願可能な学校がほとんどなので公立高校が第1志望の場合は安全策として受験しておくと良いでしょう。

推薦入試試験日

推薦入試は、内申書の成績を中心に、選考が行われる学校も多いですが、学力試験も実施る学校も多いです。基準を満たして出願できたとしてもテスト結果で合否が決まってしまうので不合格のケースも想定し安全校をどうするかを考えておきましょう。

一般入試

不合格の場合も考えて必ず、安全校の確保をしておきましょう。
なかには、不合格なら公立校へと考える受験生もいますが私立と違って公立の受験科目は5 教科が一般的なので、受験課目の負担も頭に入れておきましょう。