受験対策に役立つ!過去問の上手な使い方

勉強のやり方
受験対策に役立つ!過去問の上手な使い方

高校受験に向けて、過去問の活用方法は非常に重要です。
ただ、ひたすら過去問を解いても力はつきません。

過去問を解く目的は、
「苦手を知ること」
「傾向を知ること」


この2つです。

点数は気にする必要はありません!
まだ学習していない3年生の範囲も含まれているため、解けない問題があって当然です。
目標の高校の合格点に達していないのであれば、どの分野の復習が必要なのか? どこを対策したら良いのか?確認をして、中学1・2年生の内容を中心に復習しておきましょう!

公立受験直前の過去問の使い方

本番前の過去問の使い方が一番重要になります!!
受験直前になると、学校からも「過去問をしっかり解き直しなさい」と言われる事が多いため、勉強は過去問しかやらない・・・という人も少なくないと思います。
確かに問題に慣れたり、傾向をつかむ上では効果的ですが、ただ過去問を何回も解いて、それを解き直しても残念ながら力にはなりません。
理科や社会の一部では、似たような問題が出題される事はありますが、
特に英語・数学・国語に関しては、確実に問題は変わります。
本番の入試で過去問と全く同じ問題が出題されるわけではありません!
過去問を解く目的は、過去問を解けるようにする事ではありません。
受験本番で出題される問題が解けるようにする事です。
過去問は、あくまでも受験のために利用するものという事を忘れないようにして下さい。
そのため、受験直前では、過去問は「勉強内容の理解度や定着度を確認するため」と「自分の苦手を発見するため」に利用します。


過去問を解く⇒勉強する⇒過去問を解く⇒勉強する・・・
このように、過去問を解いて、できない所があったら、その部分をテキストを使いながら勉強します。
それから、再度過去問を解いて、勉強した内容が本当に理解できているのか、また他に弱点はないか確かめていきます。
過去問をといて「点数がよかった」「悪かった」ではなく、
できない所は必ずテキストで復習をして、更に理解度を必ずチェックしていく事が大切です。
受験前だからといって、焦って過去問をひたすら解いても力はつきません!
目的を忘れず、過去問を上手く活用して対策していきましょう!

私立受験校決定前の過去問の使い方

私立の受験校決定前に過去問を解く目的は「自分と過去問の相性を知るため」です。
採点後は合格点と比べて、大きく点数に開きがある高校については、残念ながら受験校を考え直す必要があります。
また、同じ偏差値の高校だからといって、同じレベルの問題が出題されるわけではありません!
特に私立高校については、高校によって出題形式が異なるため、注意が必要です!
※私立受験校を決定する際には、11~12月頃に懇談があるため、必ず学校の先生と相談をするように伝えてあげて下さい。
私立高校は独自の合格基準をもっていて、地域性もあるため注意が必要です!

デスクスタイルでは、高校受験の情報、高校入試制度をまとめた高校受験ガイドブックも用意しています。
今なら、無料体験授業を受けていただくと入会に関係なく1冊プレゼントのキャンペーン実施中です! ぜひこの機会に、ご利用ください!

《受験サポート冊子》
□ 高校受験ガイドブック(全26ページ・オールカラー)
□ 小論文・作文・面接対策チェック帳(全26ページ・オールカラー)

▶︎高校受験ガイドブック、小論文•面接対策チェック帳の詳細はコチラ

▶︎デスクスタイルの無料体験授業の詳細はコチラ

▶︎その他の勉強方法の一覧はコチラ

勉強苦手、勉強嫌いな平均点以下のお子さんに強い!

今すぐ無料体験学習に申し込む

キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

各地域のページには、
お子さん無料体験の感想・口コミ・評判
地元の家庭教師からの応援メッセージ
を公開していますので、ぜひご覧下さい。

北信越エリア

東海エリア

関西エリア

中国エリア

四国エリア

九州エリア

 >   > 受験対策に役立つ!過去問の上手な使い方