中学1年生英語1学期の勉強法

中学1年生

勉強の仕方が分からない。。。何から始めればよいかわからない。。。
勉強嫌い、勉強のやる気がでないのは、
勉強のやり方が分からないからです!
まずはココから始めよう!
中学1年生の英語、1学期のヒミツの勉強法を大公開!

中1の1学期をどう過ごす?

中学入学おめでとうございます。
制服での登校や、教科によって先生が変わったり、生活リズムや環境が大きく変わりますね。 勉強も部活も充実した中学生活にしていくためにも、特に中学生から勉強し始める英語は、1学期からのスタートがとても大切になります。
英語は、中学生になってからアルファベットの基礎から勉強し始めますので、1つ1つ基礎を取りこぼさないよう確実に基礎をつかんでいく勉強方法が大切です!
基礎をしっかりとつかんでいくには、学校の授業を理解していくための予習、復習の勉強のやり方を身につけることが中学生の英語の勉強では大切になります。

なにから始めて良いかわからない。。。

中学生の1学期の英語の学校の授業は、アルファベットなど導入的な要素が多く含まれます。
ただし中学生の勉強では、勉強していく英語の基本が、関連する内容が多いことから、
一つ一つの基礎をしっかりつかんでいく勉強のやり方をつかんでいかないと、同じように勉強していたつもりでも、だんだんと学校の授業が難しく感じ始めていきます。
最初の基礎を取りこぼすと、英語の勉強に対する苦手意識がついてしまう子が多いので要注意!
中1の1学期の英語の勉強内容は、これから中学での勉強の基礎となる重要な単元です。
基礎を取りこぼしていかないよう、学校の英語の授業をしっかりとつかんでいきましょう!

中1の1学期の英語の授業では下記内容を勉強していくことを頭に入れておきましょう!

□ アルファベットについて
□ 英語の基本文法について
□ 英語の動詞について

中11学期英語の勉強方法!

英語の勉強は、中学1年生の1学期でつまずくと、苦手意識が強くなります。
英語は世界の25%、約18億人の人が使っています。
みなさんが日本語を小さいときから話せるように、英語を使用する国の子供たちは小さい頃から英語が話せます。
ひらがな、カタカナ、漢字のある日本語の方が、ずっと英語よりも難しい言葉なんです。
まずは、人が話す言葉なんだ、小さい子供でも使える言葉であると楽な気持ちをもって勉強していきましょう!


導入時期である英語の1学期の学習内容は、日本語と英語のそもそもの違いについて理解しておくことが重要です。

下記、英語と日本語の違いを確認しながら、中1の英語の1学期の授業を受けていくという勉強のやり方を習慣付けていきましょう。

①使う文字の違い
日本語では、ひらがな50文字、カタカナ50文字、漢字は小学校で1006字、中学校で1130字も勉強します。
英語では、たった26字のアルファベットの大文字、小文字のみなのです。

②文法の違い
日本語では、「これは〜です。」「これは〜ではない。」というように文章の最後まで肯定か否定かがハッキリしない言葉です。
英語では、「This is〜」「This is not〜」というように主語(これは、私はなど)の単語の次に肯定か否定かの単語を使います。
これから中学生で学習する英語すべてに共通し、英語と日本語の一番違うところですので、この違いをまずは理解してるかどうかが、中学の英語の理解度につながります。

③動詞の違い
日本語では、「〜です。」「〜する。」といった動詞をあまり意識せずに使っていると思います。
英語では、大きく分けてbe動詞(〜です。)と一般動詞(〜する。)に分けられます。
主語により使うbe動詞が違う、一般動詞が変化するというが英語の最初に習う日本語との違いです。
まずは中学生の英語の重要な基礎として、変化の違いを理解しておくことが重要になります。

上記3つの日本語との違いを理解できれば、これから勉強していく中学生の英語の理解度も、
ずいぶん変わりますので、中学1年生の1学期の間に、英語の勉強のやり方として、しっかりと身につけておきましょう!

中学1年生の1学期を大切にしよう!
中学生の勉強は、基礎が理解できているかどうかが、たいへん重要になります。
中1の1学期から英語の基礎をしっかりとつかんでいくことが、
いよいよスタートする中学生の英語の勉強を楽にすすめていけるコツです!

デスクスタイルでは、
すこし勉強に苦手意識がついてきた・・・
どこから勉強していいか、勉強のやり方がわからない・・・
まったく勉強のやる気がない・・・
など、
そんなお子さんたちに、キッカケ、やる気を引き出す無料体験授業を行っています。

毎月200人以上の方が体験し、勉強のキッカケや、勉強のやる気UPを実感いただいています。
まずはお気軽に電話でご相談ください。

無料の学習サポート冊子のご案内

デスクスタイルでは、基礎学力の確認、定着に役立つ学習サポート冊子を用意しています。
英語の基礎で一番重要なのが、英単語です。
中学生で勉強する英単語は、約1500語あります。
そのなかから重要な1200語を名詞や動詞、形容詞など、種類別にまとめた冊子を用意しています。
今なら、無料体験授業を受けていただくと入会に関係なく1冊プレゼントのキャンペーン実施中です!
ぜひこの機会に、ご利用ください!
《学習サポート冊子》
□ 中学生の単語チェック帳(全42ページ・オールカラー)
▶︎無料の学習冊子の詳細はコチラ

勉強苦手、勉強嫌いな平均点以下のお子さんに強い!

デスクスタイルは、勉強が苦手、勉強が嫌いな平均点以下のお子さんに強い家庭教師として、他社とはひと味違う強みを紹介しています。下記をクリックし是非参考にして下さい!

勉強苦手・勉強嫌いな平均点以下の子に強い!8つの強み!

今すぐ無料体験学習に申し込む

キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

各地域のページには、
お子さん無料体験の感想・口コミ・評判
地元の家庭教師からの応援メッセージ
を公開していますので、ぜひご覧下さい。

北信越エリア

東海エリア

関西エリア

中国エリア

四国エリア

九州エリア

 >   > 中1の1学期英語の勉強方法