中3の3学期数学の勉強方法

中学3年生

勉強の仕方が分からない。。。何から始めればよいかわからない。。。
勉強嫌い、勉強のやる気がでないのは、
勉強のやり方が分からないからです!
まずはココから始めよう!
中学3年生の数学、3学期のヒミツの勉強法を大公開!

中3の3学期をどう過ごす?

いよいよ高校入試が直前となりました。
入試本番に向けて、試験本番のスケジュールに合わせた生活リズム、体調管理を気をつけましょう。
高校入試では、1点の違いが合否を分けることもありますので、残りの期間をどう過ごしていくかが重要になります。
入試までの残りの期間では、確実に点数の取れる計算問題などの基本問題でミスがないよう、自分がよく間違いやすい問題、あやふやな問題の見直しを中心に数学の基本を最終確認をしておく勉強の仕方が重要です。
特に数学は関連が強い教科ですので、基礎のところで点数の取りこぼしがないよう、問題数をたくさん解くのではなく、数学の基本でつかみきれていないところ、勘違いしているところがないかをじっくり確認しながら、進めていくことが高校入試までの残りの期間の数学の勉強方法のポイントです。

受験に向けて何から始めていいかわからない。。。

高校入試の数学の試験は、1年生、2年生の範囲から7割から8割、出題されます。
残りの期間は、入試過去問を本番と同じ試験時間で解き、テスト本番の時間の使い方を練習しましょう。答え合わせの際は、答えが合ってるかどうかだけでなく、どの基本で間違えたか勘違いしている基本がないかを、しっかり解説を読み数学の計算式は途中式も確認しておくことが重要です。
中学生で勉強した数学の基本の確認を繰り返しおこない、自分がよく間違いやすい問題を確認しよう!

高校入試本番に向けて、残りの期間はあれこれと手を出すのではなく、自分が確実に点数の取れる問題でミスがないよう最後の確認をしておくことで、自信を持って入試に挑むことができます。

中学生が、わかったつもりで、よく間違えやすい数学の基本は?
まずは下記をチェックしてみよう!

□ マイナスのある計算
□ 文字の計算
□ 関数のグラフ
□ 図形

中33学期数学の勉強方法!

数学の高校入試の学力テストでは、計算問題などの基本問題で確実に点数を取れるようにしておくことが大切です。
基本問題で点数を落とすケースとしては、計算問題と思いがちですが、実際は基本があやふやなままで、間違えてしまっている場合の方が多いものです。
よく間違いやすい下記、数学の基本を確認し、高校入試で点数の取りこぼしがないよう数学の勉強の仕方が大切です。

①マイナスのある計算
中学の数学で一番間違いやすい基本が、マイナスの入っている計算です。
マイナスが付いている計算では、下記点の基本をもう一度、高校入試本番までに確認しておきましょう!

□ マイナスがつく場合は、数字の部分が大きいほどその値は小さくなる。
□ マイナスがつくかけ算•わり算では、マイナスの数が偶数の時は答えはプラス、奇数の時はマイナスになる。
□ 不等式⇨マイナスを移行する場合は、不等号が逆になる。
□ 方程式⇨マイナスの付いたカッコを外す時は、カッコ内の符号がすべて逆に変化する。

②文字の計算
マイナスとともに中学に入って新しく勉強した数学の内容として文字を使った式の計算があります。
文字を使った計算では基本問題でも応用問題でも、数学の入試テストで過ならす使います。
高校入試でしっかりと点数を取れるよう、基本を確認しておきましょう!

□ たし算•ひき算は、同じ文字の付いた項の係数(数字の部分)だけを計算する。
□ かけ算•わり算は、文字、係数のいずれも計算する。
□ 同じ文字同士のかけ算:a×a²=a³は次数の数字を足す(1+2=3)
□ 同じ文字同士の次数:(a²)²=a⁴は次数の数字をかける(2×2=4)

③関数のグラフ
関数のグラフは、1年で比例、反比例、2年で一次関数、3年で二次関数と段階を経て勉強しました。
それぞれのグラフの特徴、座標の読み方など、各グラフの違いに注意して基本を確認する勉強の仕方で、高校入試までの勉強法で、最低限必要になりますので、しっかりと基本から確認しておきましょう。

④図形
図形の問題は、三角形、平行四辺形、円については1年、2年、3年のそれぞれで勉強します。
高校入試の数学の学力テストでは、図形の問題が必ず出題されます。
また問題も面積を求める問題や、証明問題など、いろいろとありますので、まず下記基本を入試までにしっかり固めておこう!

□ 三角形、平行四辺形、円の面積の求め方
□ 三角形、平行四辺形の内角•外角など角度の関係
□ 円の円周角•中心角、接線との関係
□ 合同と相似の条件および記号の違い

高校入試では、1年2年の内容から70〜80%問題が出ます。
高校入試の残り期間、これまで習った基本を関連する単元ごとに、それぞれの違いを意識して勉強してみよう!

高校入試本番に向けて、体調管理と最後の基本の確認が大切です!
あれやこれやとたくさん詰め込もうとすると、負担ばかりが増え、逆にあやふやな基本がそのままになってしまいがちになるので、まずは基本問題で点数を取りこぼさないよう基礎をしっかりつかむことが、高校入試までの残り期間の数学の勉強法として重要になります。

高校入試まで残りわずか!
残り期間でできる限りのことをしっかりと積み上げ目標達成に向けて進んでください。
また体調管理も大変重要ですので、風邪などひかないよう、うがい、手洗いなどを気をつけよう!

デスクスタイルでは、
すこし勉強に苦手意識がついてきた・・・
どこから勉強していいか、勉強のやり方がわからない・・・
まったく勉強のやる気がない・・・
など、
そんなお子さんたちに、キッカケ、やる気を引き出す無料体験授業を行っています。

毎月200人以上の方が体験し、勉強のキッカケや、勉強のやる気UPを実感いただいています。
まずはお気軽に電話でご相談ください。

無料の学習サポート冊子のご案内

デスクスタイルでは、基礎学力の確認、高校入試、受験対策に役立つ冊子を用意しています。
中学の数学は、問題を解いてくときに必ず小学生の算数の基本が必要になりますが、
中学生の多くが、小学生の算数の基本がつかめていなくて、点数を落としている場合が多いです
デスクスタイルでは、中学生が、よく間違える小学生の算数の基本を学習冊子としてまとめています。
また高校受験の情報、高校入試制度をまとめた高校受験ガイドブックも用意しています。
今なら、無料体験授業を受けていただくと入会に関係なく1冊プレゼントのキャンペーン実施中です!
ぜひこの機会に、ご利用ください!
《学習サポート冊子》
□ 中学生がよく間違える小学算数の基本チェック帳(全42ページ・オールカラー)
《受験サポート冊子》
□ 高校受験ガイドブック(全26ページ・オールカラー)
□ 小論文・作文・面接対策チェック帳(全26ページ・オールカラー)

▶︎無料の学習冊子の詳細はコチラ

勉強苦手、勉強嫌いな平均点以下のお子さんに強い!

デスクスタイルは、勉強が苦手、勉強が嫌いな平均点以下のお子さんに強い家庭教師として、他社とはひと味違う強みを紹介しています。下記をクリックし是非参考にして下さい!

勉強苦手・勉強嫌いな平均点以下の子に強い!8つの強み!

今すぐ無料体験学習に申し込む

キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

各地域のページには、
お子さん無料体験の感想・口コミ・評判
地元の家庭教師からの応援メッセージ
を公開していますので、ぜひご覧下さい。

北信越エリア

東海エリア

関西エリア

中国エリア

四国エリア

九州エリア

 >   > 中3の3学期数学の勉強方法