>  > 中学1年生3学期の勉強法

勉強のやり方が分からない。。。何から始めればよいかわからない。。。
やる気がないのは、やり方が分からないからです!まずはココから始めよう!
ヒミツの勉強のやり方大公開!

中学1年生の3学期をどう過ごす?

早いもので、1年生も残すところ最終学期の3学期に入りました。
中学1年生の勉強内容は、小学生の基礎レベルの延長から始まり、これからの中学の勉強の基礎となります。
1学期、2学期と定期テストを受け、教科によって好き嫌いや苦手意識が芽生える時期でもあります。
中学の勉強だけだと、なかなか苦手意識が強まってしまい、やる気が継続することが困難ですので、
関連する小学生で習った学習内容の基礎で取りこぼしているところをつかみ直しながら勉強していくことが
、 2年生に向けての中学生の勉強を楽にしていくコツとなります。

なにから始めていいのか?わからない...。

なにから始めていいのか?わからない...。 3学期は授業数が少ないので、毎日の学校の授業をいかに活かしていくことができるかどうか が重要になります。
中学の勉強は、小学生で勉強した内容が大きく関連してきますので、小学生の基礎を確認 しながら学校の授業を受けることで、中学校の授業がこれまでよりも理解しやすくなります。
中学の勉強に対する苦手意識は、実は小学の勉強の基礎の定着度と大きく関係しています。

1年生の勉強内容は、これから中学で習う勉強の基礎となる重要な内容です。
つかみきれていない基礎を、そのままにしておかないよう小学生の基礎にも戻って、しっかり理解していきましょう!

3学期の授業で勉強する単元に関連する小学生の基礎が理解できているか?
まずは下記をチェックしてみよう!

つかめていない項目が、たくさんあっても大丈夫!
中学生活を勉強もクラブも遊びも楽しく過ごすためのコツをお教えします!

1分で即実践!3学期の勉強法!

《英語》

中学に入り英語の勉強にも少しずつ慣れてきた頃かと思います。
1年生で勉強する英語の内容は、これから勉強していく英語の重要な基盤になります。
逆に、1年の基本をしっかりつかんでおけば、これから新しく勉強していく単元では、これまでの基本を使いながら 少し変化していくだけになりますので、どんどん英語がおもしろくもなります。

3学期の内容と一緒に、下記の基本をしっかりとつかんでおきましょう!

①一般動詞の過去形

「〜します」という現在形に対し、「〜しました」という表現がになります。
一般動詞の過去形は「動詞の原形+ed(語尾により変わるので注意:下記参照)」
まずはこの動詞の変化を覚えましょう。

1学期に勉強した一般動詞の現在形との違いを確認しておきましょう。
□ 主語による動詞の変化の違い
  現在形では、3人称単数の場合だけ、動詞の語尾が変化する。
  過去形では、主語が何の人称でも同じ過去形を使う。
□ 現在形、3人称単数の時の動詞の変化
  通常の変化・・・・・・・ 動詞の原形+s play⇨plays  like⇨likes
  語尾がo x sh ch s・ 動詞の原形+es go⇨goes  wash⇨washes
  語尾が子音字+y・・・・ yをiに変えてes study⇨studies
□ 過去形の動詞の変化
  通常の変化・・・・・・・ 動詞の原形+ed play⇨played  watch⇨watched
  語尾がe・・・・・・・・ 動詞の原形+d like⇨liked
  語尾が子音字+y・・・・ yをiに変えてed study⇨studied
  語尾が短母音+子音字・・ 語尾を重ねてed stop⇨stopped
□ 疑問文•否定文
  現在形では、do、主語が3人称単数場合だけdoesを使います。
  過去形では、主語が何でもdidを使います。

②Whyの疑問文

Whyは2学期に勉強したWhat•Howと同じ疑問詞です。
「なぜ〜ですか?」という表現で使い、Because(なぜなら)で答えます。

Who(誰が)・What(何を)・When(いつ)・Where(どこで)・Why(なぜ)・How(どのように) 5W1Hと覚えましょう。
3年間を通して出てきますので、今後の英語で大変重要です。
使用方法により、疑問詞の後にbe動詞が来る場合、一般動詞が来る場合、名詞が来る場合、形容詞が来る場合と 様々な使用方法がありますので、それぞれの違いに注意して勉強してみましょう!

上記のように、常に前に勉強した内容と比較して基礎をつかんでおけば、
新しく勉強する内容はあまり多くないですので、しっかりとこれまでの基礎をみなおしておきましょう!

《数学》

中学生になり数学の成績が下がり始めてきたというお子さんの多くは、中学の勉強内容が理解できていないこと よりも、小学生の基礎がしっかりとつかみきれていない場合が原因である場合が多いです。

常に中学で勉強する内容は、小学生で勉強した基礎を確認しながら、つかみなおしていくことが重要です。

①平面図形

3学期の平面図形では、図形の移動、平行移動、回転移動、対象移動を勉強します。 小学6年生で勉強した線対称、点対称の応用になりますので、まずは下記小学の基本を確認しましょう。
□ 線対称とは
  ある直線を折り目として折り返したとき,両側の図形がピッタリと重なる図形を線対称な
  図形という。
  このときの直線を対称の軸といいます。
  分かりやすく説明すると、オリガミのよう半分にピッタリ合わせて折ることができる図形の
  ことをいいます。
□ 点対称とは
  ある点を中心に180°回転させたとき,元の図形と一致する図形を点対称な図形という。
  このとき回転の中心となる点を対称の中心といいます。

上記小学生の基本を確認した上で、3学期の平面図形の授業を受けてみましょう。

②空間図形

空間図形では、小学4年生で勉強した「交わる•平行」という考えに加えて「ねじれの位置」を新しく勉強します。 また正多面体•回転体•立体の体積•表面積を勉強します。
小学5年生の「展開図」
小学6年生の「円の面積」「円柱•角柱の体積」

上記基本をしっかり確認してから空間図形の授業を受けましょう。

③資料の整理

中学の資料の整理では、度数分布、平均と散らばり、近似値、代表値を勉強します。
小学6年生でクラスのテストの点数から平均を求める方法を勉強しました。
中学の授業では代表値や誤差という考えを勉強します。

中学の教科書だけでなく小学の基礎に戻って見直すと、中学の数学がつかめるようになりますよ。

3学期は、授業数も少なく、あっという間に過ぎていきます。
ぼんやりしていると、すぐにテスト期が近づき、不安ばかりが増え、
逆にあやふやな 基本がそのままになってしまいがちになるので、
まずは毎日の授業を活かしながら 基礎をしっかりつかむことが、
今後の中学の勉強を楽にするコツです!

デスクスタイルでは、
すこし中学の勉強にニガテ意識がついてきた・・・
どこから勉強していいかわからない・・・
まったくやる気がない・・・など、
そんな中学生たちに、
キッカケ、やる気をあげる 無料体験授業を行っています。

毎月200人以上の方が体験し、キッカケややる気UPを実感いただいています。
まずはお気軽に電話でご相談ください。

今すぐ無料体験学習に申し込む

キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

 >   > 中学1年生3学期の勉強法