勉強のやり方が分からない。。。何から始めればよいかわからない。。。
勉強のやる気がでないのは、勉強のやり方が分からないからです!
まずはココから始めよう!
中学生のヒミツの勉強のやり方大公開!

中学3年生の1学期をどう過ごす?

いつになったら勉強するのーっ! いよいよ中学3年生。中学生活も最高学年となりました。
「いつになったら勉強するのーっ!」そんな気持ちも強まる時期かと思います。
中学3年生は、高校入試に向けて1年2年の取りこぼしているニガテ克服の大事な期間となります。
中学3年での勉強内容は、教科書の字も小さくなり難しく思いがちになりますが、これまでに勉強した学習内容の 応用的な要素が多く含まれます。高校入試に向けては、中学3年生の学校の授業もしっかりと理解しながら、
1年2年で習った学習内容の基礎で取りこぼしているところを、しっかりとつかみ直すことが、高校入試までの残り の期間を楽に進めていくため大事な期間となります。

期末テストの結果が下がった

なにから始めていいのか?わからない...。 中学3年生の勉強内容は、これまでに勉強した基礎と関連が強いので、基礎がつかめていない と、授業が理解できず、勉強の苦手意識が強くなっていく時期です。
これまでに勉強した内容の基礎力の違いが大きく出始める時期でもあり、同じように勉強して いるつもりでも定期テストで点数が下がり気味になってきます。
ここで高校入試に向けての気持ちが下がってしまう子が多いので要注意!

中学3年生では学校の授業と一緒に、高校入試に向けて、すでに勉強した基礎の確認をしっかりおさえなおしながら 1年間勉強していきましょう!

特に学年ごとに学習関連の強い英語、数学で、下記学習内容をしっかり理解出ているか?
まずはチェックしてみよう!

つかめていない項目が、たくさんあっても大丈夫!
中学生活を勉強もクラブも遊びも楽しく過ごすためのコツをお教えします!

1分で即実践!3学期の勉強法!

《英語》

中学3年生の英語の勉強では、すでに苦手意識が強くなっている子が多くいます。
他の教科は、小学生から少しずつ勉強しているのに対し、英語はまだまだ2年そこそこしか勉強してません。
学年が上がるにつれて授業進度も速く、すでに勉強した内容がわかっている上で進んでいくから大変なのです。
まずは、わかるところから、取りこぼしている内容をコツコツと少し楽な気持ちをもって勉強していきましょう!

中学3年生の1学期の学習内容は、すでに勉強した関連する基礎について理解しておくことが重要です。

下記を確認しながら、中学3年生の1学期の学校の授業を受けていきましょう!

①動詞の過去分詞

過去分詞、3年生になって初めて勉強する言葉です。
変化の形は、1年生で勉強した過去形と同様に
    規則動詞  (語尾にedをつける)
    不規則動詞 (make madeなど)
  の2種類あります。
じつは規則変化は過去形と同じ不規則変化だけ、過去形と同じ場合と違う場合がありますので、
不規則動詞のみが 新しく勉強する内容!不規則動詞の変化は、これまでの復習もかねて過去形もしっかりつかんでおきましょう!

②受け身の表現

「〜好かれている。」「使われている。」というように表現を受け身といいます。
英語では、「be動詞+過去分詞」  じつはここで新しく勉強するのは、これだけです。
受け身の表現の否定文、疑問文、過去形を新しく勉強しますが、重要なのは、be動詞を使うこと!

否定文、疑問文、過去形は全て、このbe動詞が中学生ですでに勉強した
「be動詞の否定文、疑問文、過去形」と同じ変化となります!
受け身の変化と一緒に、be動詞の否定文、疑問文、過去形をしっかりと、見直しつかんでおきましょう!

③現在完了形

日本語では、少し聞きなれない言葉ですね。
   「ずっと〜である。(継続」
   「〜したことがある。(経験)」
   「〜してしまった。(完了)」   といった表現のことをいいます。
英語では、「have(has)+過去分詞」  ここでも過去分詞を使います!
繰り返しになりますが、今のうちに不規則動詞の現在、過去、過去分詞の変化をつかんでおきましょう!

もうひとつここで大切な過去の勉強内容にhaveが3人称単数の場合のみhasになる。
これもすでに勉強した内容なので、しっかりつかんでおきましょう

さて、中学3年生の勉強は、中学生でこれまでに勉強した内容がほとんどであることがわかりましたね。
中学3年の所ばかりを勉強してると、苦手意識が強くなります。
過去に勉強した基礎をしっかりと確認しながら、中学3年生の授業を受けていく勉強のやり方をつかんでいくことが重要です。

《数学》

中学3年生の数学では、いきなり平方根。。。少し難しいような。。。
中学の数学も、3年生から少し問題自体が長くなり、それでけで少し難しいことを勉強している気分になります。

ただ問題が長くなるのは、これまでに勉強した基礎の発展的な内容だから、長くなるだけで、問題を解いていけば、 ほぼ小学、中学で、3年生になるまでに勉強した基礎で解けるのです!
少し問題文が長くなるだけで新しく習うことは少ないので、ひとつひとつしっかり理解していくことが重要です。

下記を確認しながら、中学3年生の1学期の学校の授業を受けていきましょう。

①平方根

平方根 平方根(へいほうこん)は、数学ではじめて触れる内容になります。
2乗をすると2になる数値を右記の様に表します。
2年生の1学期に「式の計算」の単元で勉強する次数(指数や累乗とも
いいます) が理解できていないと、平方根は全く理解できません。


次数の勉強内容をつかみなおしてから平方根の勉強に入ると、
理解しやすくなりますよ。

②因数分解と展開

因数分解と展開 因数分解を理解するには、平方根と同様、2年生の1学期に「式の計算」の
単元で勉強する項と同類項(どうるいこう)が理解できていないと、
因数分解が理解できません。


足す部分、かける部分をしっかりと理解し、因数分解と展開を繰り返して
練習する
ことで理解が深まりますよ。

③二次方程式

中学3年生の1学期にでは二次方程式の解き方を勉強します。
2学期に入ると二次方程式を使って距離や速さの文章問題を勉強しますので、1学期の間二次方程式の基礎は しっかりつかんでおきましょう!

二次方程式といっても、じつは前の章で勉強した「因数分解」と同じなのです。

  因数分解  x²+5x+6=(x+2)(x+3)
  二次方程式 x²+5x+6=0
   (x+2)(x+3)=0
   x=−2、−3


因数分解が理解できると、二次方程式は、あっという間にわかります!
因数分解の問題を繰り返し練習してから、二次方程式の勉強に入ると楽ですよ。

高校入試では、1年2年の内容から70〜80%問題が出ます。
中学3年生の学校の授業と合わせて、すでに習った基礎をつかみ直しながら学校の授業を受けていく勉強のやり方 を中学3年生の1学期に身につけておきましょう!

中学3年!いよいよ受験生!
いよいよ中学3年生となり、高校入試に向けて不安になり始める
時期ですが、 部活も最後の大会に向けて充実していく時期ですので、
あれこれたくさん 詰め込もうとする負担ばかりが増えてしまいます。
まずは中学3年の1学期の間に、すでに勉強した基礎と一緒に学校の授業を理解 していく勉強のやり方をつかんでいくことが、高校入試に向けても大切です。

デスクスタイルでは、
高校入試に向けて、何をやればいいかわからない・・
どこから勉強していいかわからない・・・
まったくやる気がない・・・など、
そんな中学生たちに、
キッカケ、やる気をあげる 無料体験授業を行っています。

毎月200人以上の方が体験し、キッカケややる気UPを実感いただいています。
まずはお気軽に電話でご相談ください。

基礎学力の定着に役立つ高校受験ガイドブックと小論文・作文・面接対策チェック帳 ※デスクスタイルでは、高校受験に向けて、受験に役立つサポート冊子を用意しています。
高校入試の制度や入試に向けての心得をまとめた
「高校受験ガイドブック」
小論文や作文、面接の対策をまとめた
「小論文・作文・面接対策チェック帳」
いずれもデスクスタイルの生徒には無料で配布していますので、
お気軽にご相談ください。

今すぐ無料体験学習に申し込む

キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

各地域のページには、
お子さん無料体験の感想・口コミ・評判
地元の家庭教師からの応援メッセージ
を公開していますので、ぜひご覧下さい。

北信越エリア

東海エリア

関西エリア

中国エリア

四国エリア

九州エリア

 >   > 新中学3年生1学期の勉強法