デスクスタイルが不登校のお子さまのやる気と自信を引き出します!

 > 不登校のお子さまに

不登校のお子さまに

不登校を乗り越えたご家庭の声

  • 不登校で勉強が遅れてきている
  • 家で勉強する勉強法が知りたい
  • 学校の先生に関する悩み、友人関係の悩みが原因で不登校になってしまった
  • 学校に出来るだけ行けるようになりたい
  • 発達障害があり適切な勉強法がわからない
  • やる気が出ない、勉強の事を考えると気持ちが辛い
  • 高校受験の為に勉強の遅れを取り戻したい

なぜ、デスクスタイルでは、不登校のおこさまのやる気と自信を引き出し、成績を伸ばすことができるのか

それができる4つの理由があります。

【1】お子さんの学習状況をしっかりとヒアリング
不登校や引きこもりのお子さんの指導で何よりも大事なのは、
お子さんが自分の事を理解してもらえているという安心感です。

学校に行けなくなってしまう原因は、お子さん1人1人違うはずです。

デスクスタイルでは、これまでの学習状況だけではなく、不登校や引きこもりになってしまった背景やお子さんはどんな気持ちで毎日を過ごしているのか、保護者の方は今後どうなって欲しいと望まれているか?など、始めにご家族の状況をヒアリングさせていただきます。そうすることでお子さん1人1人にきめ細かい対策を可能にしています。

【2】お子さんの気持ちに寄り添う指導を行います
デスクスタイルのデスクパートナー(家庭教師)は、
お子さんの状況を加味して選抜した相性ピッタリの家庭教師です。
決定した先生にはデスクスタイルで行う研修を通して、始めにご家庭から聞かせていただいた状況を先生に伝え理解してもらった上で、指導がスタートします。

先生がお子さんと保護者のお気持ちを理解することで、
お子さんが勉強を楽しみにしてくれるようなコミュニケーションをとり、精神的にも支えていく指導を行うことで保護者の方にも安心して頂いています。


詳しくはコチラをご覧ください。

【3】お子さんの学力に合わせた学習スケジュールの作成
指導開始後は、お子さんの基礎学力に合わせて問題のレベルや量を調整した
学習スケジュールを作成することで、家庭学習のペースを作っていきます。


不登校や引きこもりのお子さんが、勉強しようと思っても出来ない理由の1つが
「何を勉強したらいいのか?」「どこから勉強したらいいのか?」がわからない事です。

これは、毎日学校に通って授業を受けていても勉強が分からない、塾などの習い事に通っているのに成績が伸び悩んでしまうお子さんにも同じことが言えます。

勉強をしようと思っても"やり方"が分からないから、やる気をなくしてしまう...
ただでさえ、心に不安を抱えているお子さんにとって辛いことだと思います。

デスクスタイルでは、デスクパートナー(家庭教師)が
勉強がわからない原因をつくっている基礎まで効率的に戻り、
最短で基礎を取り戻せるように、1対1で丁寧に対策していきます。

先生が指導に来ていない日の学習スケジュールも作っているので、
勉強のやり方が分からないお子さんでも、そのスケジュールに沿って勉強する事によって、
「何を」「どうやって」勉強したらいいのわかるようになり、やった分の成果を感じる事が出来ます。


勉強のやり方が分かれば、お子さんのやる気も継続出来るようになり、遅れている勉強を取り戻す事が可能になります。

詳しくはコチラをご覧ください。

【4】保護者様の強い味方!チューターサポート
デスクスタイルでは、お子さんの指導を直接担当させて頂くデスクパートナー(家庭教師)とは別に、デスクパートナーがいない時の勉強のサポートを経験豊富なデスクチューターが対応しています。

デスクパートナーも指導経験はさまざまですので、先生1人に任せきりでは良い結果には結びつかないこともあります。
デスクチューターがご家庭と先生の間に入ることで、指導でうまくいかない点やデスクパートナーからの相談や、保護者の方が先生に直接言いにくいことがある場合も気軽にご相談を承っています。
普段の生活の事、勉強の事、高校受験や進路の事など、ご家族、先生と一緒に対策を考えて前進していきます。

詳しくはコチラをご覧ください。

不登校を乗り越えたご家庭の声

5年生の二学期から学校に行けなくなってしまい、勉強も全くしなくなって、3ヶ月くらいは教科書も開かない状態でした。
塾も嫌って、家庭学習とか宿題も何もやっていない状態で不安でいっぱいでした。

先生に勉強について教えて頂いた時に、普段は宿題を暗い顔でしていた子が、すごく生き生きと勉強をしていました。毎日コツコツと取り組んでいて、学習に対する意欲みたいなものが定着してきたように思えますね。

まったく学校にいけなくなってからは、同世代の子とか人に対する恐怖心とかすごくあったんですけど、先生に来ていただいたその日に大好きなって、人に心をひらけるようになって、親としてはすごくうれしいです。

中学2年になってから不登校になりました。学校に行くように、叱ったり、なだめたりしたけど、結局全然動かなかったという状態でした。 勉強も全くしなかったですね。いざ社会に出る時に、この子は社会人としてちゃんと社会に出れるのかすごく悩みました。高校受験をするか、就職するかを決めるまでの本人とのやり取りにも結構苦労しました。

家庭教師の指導が始まってからは、子供と先生との趣味の面がバッチリ合っていたので、先生が来られるのを本人は楽しみに待っていました。指導を受けている間も笑顔で、お兄さんのように慕って指導を受けているようでした。

私達のように不登校の子を持つ親御さんは、相当悩まれていると思いますし、ケンカもされたと思いますが、進路を決める際は、学校が何か対応してくれるとは思わず、親がまず自分達で探してでも、子供達に学校の情報なりきっかけを与えてあげて下さい。 きっかけ作りは親がしてあげないと、子供達は前に進めないと思います。 ただきっかけだけで、決めるのは子供達です。もし、親御さんの望まない進路を選択されても、子供を信じて、それを後押しできるように親御さんは力を添えて上げて下さい。

  • 授業を受けていない分の基礎の取り戻し方がわかる
  • 家での勉強のやり方がわかる
  • 毎日、何に取り組んでいいのかがわかる
  • 何でも相談できるおにいちゃん、お姉ちゃんみたいな存在が出来る
  • やり方に気づいて勉強が楽しくなる
  • 勉強に対して自信が持てるようになる
  • 苦手教科を好きになれる
  • 毎日勉強しようという気持ちが起きる
今すぐ無料体験学習に申し込む

割引キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

家庭教師のデスクスタイル > 不登校のお子さまに