勉強のやり方
今更聞けない!作文と小論文の違い

高校入試に向けて5教科の対策は行っているけど、
小論文・作文対策は何をやったらいいのかわからない・・・

そんな受験生の声を多く聞きます。
受験に向けて5教科の対策を進めている事は多くても、作文や小論文まで一緒に対策するのは、なかなか難しいと思います。
作文と小論文との違いは?


作文は、自分の気持ちや体験・感想を素直に書いていくもの。

小論文は、あるテーマについて他人を説得するために、自分の意見を論理的かつわかりやすく述べていくもの。
今回は小論文について詳しく説明したいと思います!

小論文について

《字数》

600~800字が中心です。(原稿用紙1枚半~2枚程度)
なかには事前に、800~1200字程度で書いたものを
出題時に提出させる学校もあります。

《時間》

制限時間は50~60分が多いです。
字数が400字なら30~40分、
600字なら50分、
800字なら60分が標準的です。

また、小論文を書く時に大事なのが「テーマを絞ること」です。


小論文では「この文で自分は何を書きたいのか?」を明確にすることが大切です。
テーマがはっきりしないと書いている間に何を言いたいのか、伝わらなくなってしまいます。

そこで、小論文対策する上での4つのポイントです!

小論文対策をする上での4つのポイント

①過去の出題テーマを調べ、志望校がどんな出題をするのか知っておく。

②本番と同じ形式で書く練習をしておく。

③文章は下記の流れでまとめます。

「自分の意見や考え」
   ↓
「それを理由付ける例」
   ↓
「自分の意見」

問題の字数が多い時は下記内容を追加します。
「自分と違う意見や事例」
   ↓
「違う点の指摘」
④ある程度文章が書けるようになったら、制限時間内で書く練習をする。

この流れでぜひ対策してみて下さい!!

デスクスタイルでは、小論文、作文、面接対策チェック帳を用意しています。
今なら、無料体験授業を受けていただくと入会に関係なく1冊プレゼントのキャンペーン実施中です! ぜひこの機会に、ご利用ください!

《受験サポート冊子》
□ 高校受験ガイドブック(全26ページ・オールカラー)
□ 小論文・作文・面接対策チェック帳(全26ページ・オールカラー)

▶︎高校受験ガイドブック、小論文•面接対策チェック帳の詳細はコチラ

▶︎デスクスタイルの無料体験授業の詳細はコチラ

▶︎その他の勉強方法の一覧はコチラ

勉強苦手、勉強嫌いな平均点以下のお子さんに強い!

今すぐ無料体験学習に申し込む

キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

各地域のページには、
お子さん無料体験の感想・口コミ・評判
地元の家庭教師からの応援メッセージ
を公開していますので、ぜひご覧下さい。

北信越エリア

東海エリア

関西エリア

中国エリア

四国エリア

九州エリア

 >   > 今更聞けない!作文と小論文の違い