中学2年生の夏休みをどう過ごす?

中学生活も、いよいよ折り返し地点に入りました。
1年生の時よりも教科書の文字が小さくなり、より勉強が難しくなったと実感し始める時期かと思います。
学校の授業がない夏休みは取りこぼした基礎をつかみ直すための大事な期間となります。

また高校入試では、7割〜8割が1年生2年生の学習内容から出題されます。

2年生の夏休みのうちに1学期のテストでの間違えた問題の見直しだけでなく、 1年生で習った学習内容の基礎で取りこぼしているところを、しっかりとつかみ直すことが、高校入試までの中学校の勉強を楽に進めていくための大事な期間となります。

期末テストの結果が下がった

2年生の学習は、1年生で習った基礎の延長の内容になってきます。

1年生の基礎をどれだけつかんでいるかどうかの少しの差によって、
成績に大きな差がではじめるのが2年です。

同じように勉強していたつもりでも期末テストで点数が下がり気味になってきます。
ここで中学の勉強に対するニガテ意識がついてしまう子が多いので要注意!

2年生の学習内容だけをやり直そうとしても、1年生の基礎が理解できていない状態だと、
がんばってもなかなか勉強が進まず、暑さにバテてしまいます。。。
まずは1年生で習った基礎を確認し、夏休みの間にしっかりおさえなおしましょう!
特に学年ごとに学習関連の強い英語、数学で、1学期に下記内容をしっかり理解出ているか?
まずはチェックしてみよう!

まずはチェックしてみよう!

つかめていない項目が、たくさんあっても大丈夫!

中学生活を勉強もクラブも遊びも楽しく過ごすためのコツをお教えします!

1分で即実践!夏休みの勉強法!

《英語》

2年生の英語では、1年生の基礎に少し変化が加わる表現を勉強します。
1年生のところ理解できているかどうかで、点数の差が広がる時期になります。
2年生の教科書は、1年生の時よりも文字も小さく本文も長くなったので、それだけで難しく感じますが、
まずは、1年の基礎内容少しだけ新しい内容を勉強する楽な気持ちをもって勉強していきましょう!

1学期の学習内容は、1年生で勉強したbe動詞、一般動詞 について理解しておくことが重要です。。

下記を確認しながら、1学期の学習内容を見直してみましょう!

①be動詞の確認と整理

1年生でbe動詞が主語によって違うことを勉強しました。
2年生では、過去形での変化について勉強します。
2年で新しく勉強するのは、変化のみ!
2年のところだけ勉強しても理解ができません!
1年生で勉強したbe動詞とあわせて、下記表を確認し直しましょう!

表

②進行形

「(いま)〜しています。」
進行形という呼び方で、1年生の3学期に勉強した表現の、過去形を2年生では新しく勉強します。
またまた2年で新しく勉強するのは、過去形にすることだけ。
過去形には、①で確認したbe動詞を過去形に変化させるだけです。
まずは1年生で勉強した進行形の基礎「be動詞+動詞ing」
この表現を1年生の基礎に戻って確認しましょう!
あとは、be動詞が過去形になるだけ!

③未来形

現在形、過去形に続き、未来形「〜するだろう」「〜する予定」「〜するつもり」
2年になって初めて勉強する表現となります。
主語+will+動詞の原型この表現を覚えましょう。
同時に、疑問文、否定文の使用方法は、1年生で勉強した
can「〜できる」 may「〜してもよい」 must「〜しなければならない」と同じなので、
一緒に復習しておきましょう!

未来形の表現としてbe動詞+going to+動詞の原型という表現も覚えておきましょう。

上記3つbe動詞•進行形•未来形を1年生の基礎まで戻って確認しながら夏休みに、
しっかり押さえなおしましょう!

《数学》

2年生の1学期では、式の計算•連立方程式•一次関数を勉強します。

英語と同じく、2年生では1年生の内容に、少し新しいことを勉強するだけです!

式の計算⇨1年の文字と式
連立方程式⇨1年の方程式
一次関数⇨1年の比例

2年の勉強の復習の前に、まずは1年の勉強内容を見直すことから始めましょう。

意外と新しく習うことは少ないので、ひとつひとつしっかり理解していくことが重要です。

下記を確認しながら、1学期の学習内容を見直してみましょう。

①項についてよく理解する

1年生の「文字と式」で項について勉強しました。
6aや4xといった数字と文字を使ったものです。

すでに1年で同じ文字を使ったもの=同類項
足したり、引いたり、かけ算、わり算を勉強し、
2年では、そこに次数のあるものを勉強します。

次数?⇨3²やa²など、左上に数字があるもの3を2回かける、aを2回かける

項と次数、2年で新しく勉強する内容でわからなくなる内容として、

たし算•ひき算⇨
    文字と次数のどちらも同じものだけ計算。
かけ算•わり算⇨
    文字は文字どうし、数字は数字どうし計算。

この違いをしっかりと理解しておきましょう。

②連立方程式

連立方程式とは、2つの文字の値を2つの式を使って解く式のことを言います。
大きく分けると、次の2つの方法を勉強します。
   代入法
   加減法
代入法では、1つの式をx=・・・やy=・・・にして、もう一つの式に代入する方法です。
この方法で重要なのが1年生の方程式で勉強した「移行」という内容です。
移行では、特に符号の変化に気をつけて1年の移行を勉強し直しましょう。

加減法では、2つ式の文字の係数をそろえて、足すか、引くかで、一つの文字を消して解く方法です。
この方法で重要なのが、1年生の方程式で勉強した「等式の性質」という内容です。

連立方程式で新しく勉強するのは、代入法、加減法。
その基礎は、1年生の方程式の「移行」「等式の性質」まずは1年の基礎を、
しっかりつかんでおきましょう!

③一次関数

さて、一次関数と聞くと、なんだか中学生らしいむずかしい響きに聞こえますね!
一次関数は y=ax+b という式で表されます。
1年生で勉強した比例式は y=ax

実は、1年生で勉強した比例式と一次関数は同じ。

+b(定数といいます)がついただけなのです。

だからグラフも、比例と同じ右上がりか左上がりの直線なのです。

         y=ax+b

1年生の比例では、aを比例定数一次関数では、aを変化の割合と学びます。

比例と一次関数は、同じもの!
一次関数の前に比例を復習してみましょう!
むずしく考えずなくても大丈夫!
少しずつ、中学の数学の勉強になれていきましょう!

中学生の折り返し地点の夏休み!
中学生活にもなれ、クラブでは3年生が夏の大会で引退し、最上学年となります。
あまりあれこれたくさん詰め込もうとすると、勉強のニガテ意識の方が強くなるので、
1年生の内容に戻って基礎を確認することで、2年の1学期の内容がわかりやすくなり、
2学期の授業の理解度も変わりますよ。

デスクスタイルでは、塾でがんばってるが、
成績が下がってきた・・・
何度いっても勉強しない・・・
まったくやる気がない・・・
など、
そんな中学生たちに、
キッカケ、やる気をあげる無料体験授業を行っています。

毎月200人以上の方が体験し、キッカケややる気UPを実感いただいています。
まずはお気軽に電話でご相談ください。

今すぐ無料体験学習に申し込む

キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

各地域のページには、
お子さん無料体験の感想・口コミ・評判
地元の家庭教師からの応援メッセージ
を公開していますので、ぜひご覧下さい。

北信越エリア

東海エリア

関西エリア

中国エリア

四国エリア

九州エリア

 >   > 中学2年生夏休みの勉強法