>  > 中学2年生3学期の勉強法

勉強のやり方が分からない。。。何から始めればよいかわからない。。。
やる気がないのは、やり方が分からないからです!まずはココから始めよう!
ヒミツの勉強のやり方大公開!

中学2年生の3学期をどう過ごす?

いよいよ3学期が始まり、すこしずつ高校入試を意識し始める時期となります。
勉強の苦手意識や、教科によっての好き嫌いなどが、少し根付いてきた頃かと思います。
まだまだ入試までは1年以上ありますので、ここで諦めずに、今のうちに勉強のやり方、授業の受け方を身につけて いくことで、これまで勉強してきた基礎の見直しと、これから勉強していく新しい授業の理解度も変わってきます。
高校入試では、7割〜8割が1年生2年生の学習内容から出題されるので、3年生になるまでに、1年、2年で勉強 した内容の基礎を確認しておくことが、高校入試までのこれからの勉強を楽に進めていくための一番のコツとなります。

なにから始めていいのか?わからない...。

なにから始めていいのか?わからない...。 3学期は授業数も少なく、あっという間にテスト期間に入ってしまいます。
これまでと同じようねペースで3年生になっていくと、あやふやなところが多くなり、 テストの点数も下がり気味になってきます。
勉強が難しくなってきたな...、授業がわからないと感じ始めたお子さんにとっては、 新しく勉強する授業内容だけでなく、1年生や小学生の基本をもう一度確認しておくことが 重要になります。

これまで小学、中学で勉強した内容の重要な基本を確認した上で、3学期の授業をうけていくことが、 これからの学校の授業を理解していくための一番のコツです!

3学期の授業に関連するすでに勉強した基礎が理解出ているか?
まずは下記をチェックしてみよう!

つかめていない項目が、たくさんあっても大丈夫!
中学生活を勉強もクラブも遊びも楽しく過ごすためのコツをお教えします!

1分で即実践!3学期の勉強法!

《英語》

2年生の3学期から3年生にかけては、いよいよいろいろな表現が出てきます。
新しい表現を勉強しますが、使う文法や変化は、これまで勉強した基本がもとととなりますので、
すでに勉強した基礎との違いを意識しながら理解していくことで、1年生、2年生の基礎の定着と、3学期の授業の 理解度も進んでいき、高校入試にむけても楽に進めていくコツとなります。

下記を確認しながら、3学期の授業を受けていきましょう!

①比較級•最上級

「...より〜」を比較級といいます。
比較級は、「形容詞•副詞+er than」 。語尾により多少変化の仕方が違います。
実は変化の仕方は、規則変化をする一般動詞の場合と同じなので、あわせて確認しておきましょう。
□ 比較級の変化
  通常の変化・・・・・・・ 原級+er tall⇨taller  fast⇨faster
  語尾がe・・・・・・・・ 原級+r neice⇨neicer  large⇨lerger
  語尾が子音字+y・・・・ yをiに変えてer easy⇨easier  happy⇨happier
  語尾が短母音+子音字・・ 語尾を重ねてer big⇨bigger  hot⇨hotter
動詞の規則変化は、edです。語尾による変化の仕方がは同じなので、しっかりつかんでおきましょう。
同じように変化するものとしては主語が3人称単数の時の動詞の規則変化があります。
上記変化と少し違いますので、違いをしっかり抑えてきましょう。

「...の中で最も(いちばん)〜」を最上級といいます。
最上級は、「(the)〜形容詞•副詞+est」語尾による変化は比較級と同じです。

②受動態

「〜される」という表現を受動態(受け身)といいます。
be動詞+過去分詞で表現します。
過去分詞という言葉は新しく勉強しますが、過去形と同じく規則的に変化する規則動詞と不規則に変化する不規則動詞 の2種類に分かれます。
規則動詞は、過去形と同じなので、上記比較級の変化と一緒につかんでおきましょう。
不規則動詞は、過去形と同じ場合と違う変化をする場合がありますので、2年生の1学期に一般動詞の過去形で勉強 した不規則動詞の過去形と一緒に確認しておきましょう。

また受動態ではbe動詞を使います。
be動詞の基本は1年生で勉強した使用方法と同じなので、主語の人称によって使うbe動詞の違いを、もう一度 確認しておきましょう。

新しい表現がでてきますが基礎は何度も勉強するbe動詞、一般動詞が重要!
これまで勉強した基礎を確認しながら新しい授業を受けていけば、基礎の定着と新しい単元の取りこぼしも 少なくなりますよ。

《数学》

3学期の数学は、図形を勉強してきます。
図形は小学生から三角形、四角形、円を勉強し、中学1年生でも勉強しました。
繰り返し勉強する内容も多いので、これまでに勉強した基礎を確認した上で授業を受けていけば、 新しく勉強する内容は、かなり少なくて楽になります。

すでに勉強した基礎を確認して3学期の授業を受けていきましょう!

①図形の性質

3学期の図形の性質では、平行線と三角形の面積の関係、三角形の辺の比と面積の関係、三角形と円の関係を 勉強します。
すでに勉強した下記基本を確認した上で3学期の授業を受けましょう。
□ 平行四辺形
  小学4年で向かい合った2組の辺が平行な四角形を平行四辺形と初めて勉強しました。
  あわせて平行四辺形になる条件(全部で5つ)をしっかりつかんでおきましょう。
□ 図形の面積
  小学6年で勉強した円の面積、三角形の面積、中学1年で勉強した線対称•点対象を確認して
  おきましょう。

②確率

小学6年生で、起こりうる場合という内容で勉強した応用が、中学では「確率」として勉強します。
小学生では表や図を用いて解いていきました。
中学生でも表や図をもちいて考えていきますが、表現が少し難しくりますので、下記それぞれの意味をしっかり つかみながら理解していきましょう。
□ 場合の数
  全部で何通りあるか?これを場合の数と言います。確率の一番基本になるのでしっかり
  理解しましょう。
□ 確率
  あることがらが起こる程度を表す数を、その事柄が起こる確率といいます。

中学では、小学生の時と同様に表や図を用いて解いていきますが、高校では公式を利用して解く方法を勉強します。
高校での勉強の際も、場合の数と確率の考え方が重要な基本になりますので、中学の間にしっかり押さえて おきましょう。

3学期の学習は、ほとんどが小学生、中学1年の延長です。
これまで勉強した基礎を確認したうえで、3学期の授業を受けることが楽に勉強をすすめるコツです!

3学期は、授業数も少なく、あっという間に過ぎていきます。
ぼんやりしていると、すぐにテスト期が近づき、不安ばかりが増え、
逆にあやふやな 基本がそのままになってしまいがちになるので、
まずは毎日の授業を活かしながら 基礎をしっかりつかむことが、
今後の中学の勉強を楽にするコツです!

デスクスタイルでは、
塾でがんばってるが、成績が下がってきた・・・
何度いっても勉強しない・・・
まったくやる気がない・・・
基礎からつかめていない・・・など、
そんな中学生たちに、
キッカケ、やる気をあげる 無料体験授業を行っています。

毎月200人以上の方が体験し、キッカケややる気UPを実感いただいています。
まずはお気軽に電話でご相談ください。

今すぐ無料体験学習に申し込む

キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

 >   > 中学2年生3学期の勉強法