勉強のやり方が分からない。。。何から始めればよいかわからない。。。
やる気がないのは、やり方が分からないからです!まずはココから始めよう!
ヒミツの勉強のやり方大公開!

中学3年生の3学期をどう過ごす?

いよいよ高校入試が直前となりました。
入試本番に向けて、入試本番のスケジュールに合わせた生活リズムの調整、体調管理を気をつけましょう。
高校入試では、1点の違いが合否を分けることもありますので、残りの期間をどう過ごしていくかが重要になります。
入試までの残りの期間では、確実に点数の取れる問題でミスがないよう、自分がよく間違いやすい問題、あやふやな 問題の見直しを中心に最終確認をしておくことが重要です。
特に英語、数学は関連が強い教科ですので、基礎のところで点数の取りこぼしがないよう、問題数をたくさん解く のではなく、基礎でつかみきれていないところがないかをじっくり確認しながら、進めていくことが必要です。

なにから始めていいのか?わからない...。

なにから始めていいのか?わからない...。 高校入試は、1年生、2年生の範囲から7割から8割、出題されます。
残りの期間は、入試過去問を本番と同じ50分で解き、テスト本番の時間の使い方を練習 しましょう。答え合わせの際は、答えが合ってるかどうかだけでなく、どの基本で間違えたか 勘違いしている基本がないかを、しっかり解説を読み確認しておくことが重要です。
基本の確認を繰り返しおこない、自分がよく間違いやすい問題を確認しよう!

高校入試本番に向けて、残りの期間はあれこれと手を出すのではなく、自分が確実に点数の取れる問題でミスが ないよう最後の確認をしておくことで、自信を持って入試に挑むことができます。

中学生が、わかったつもりで、よく間違えやすい基本は?
まずは下記をチェックしてみよう!

高校入試まで、1点でも確実に取れるよう最後の準備が大切です!

1分で即実践!3学期の勉強法!

《英語》

英語は動詞などの変化が最も重要です。
1つ1つの単元ごとでは、基本が理解できていても、入試ではどの単元の問題かの指示がないまま問題を解かないと いけません。同じ単語でも、使い方によって意味の変わる単語や、同じ変化をする単語でも、様々な用法があります。
その1つ1つの違いがしっかり理解できているかどうかが高校入試では点数の差となります。

間違いやすい下記を確認しながら、それぞれの違いをしっかり理解しておきましょう!

①be動詞の変化

「〜がある」 There is...There are... be動詞は、1年生で現在形を勉強し、2年生で過去形を
勉強しました。
主語の人称により使用するbe動詞が変わります。
常に人称とbe動詞の現在形、過去形をセットでしっかり覚え
常に主語の人称によってbe動詞を確認する習慣をつけましょう!

②不規則動詞の変化

be動詞とともに重要なのが一般動詞です。
一般動詞は、1年生で現在形、過去形、3年生で過去分詞を勉強しました。
また一般動詞の変化は下記3種に分かれます。
  規則動詞・・・動詞の原型+ed(過去形も過去分詞も同じ)
  不規則動詞・・形が変わる(過去形・過去分詞の変化は同じ)
  不規則動詞・・形が変わる(過去形・過去分詞も変化が違う)
特に不規則変化の単語を中心につかんでおきましょう!

③進行形・現在完了

進行形は、1年生で現在進行形、2年生で過去進行形を勉強しました。
進行形は「be動詞 動詞の原型+ing」で表します。
ここでもbe動詞を使い、人称により使うbe動詞が変わりますので要注意です。
また現在進行形と過去進行形の違いは、be動詞を過去形にするだけです。
現在完了は3年生で勉強しました。「have(has)+過去分詞」で表しますが、ここで注意するのが下記2点です。
  主語が3人称単数のときのみhasを使う
  過去分詞の不規則変化に注意する
この2点を中心にしっかりつかんでおきましょう!

④疑問詞・接続詞

疑問詞は、5W1Hとして勉強した下記が重要です。
Who(誰が)・What(何を)・When(いつ)・Where(どこで)・Why(なぜ)・How(どのように)
意味、用法をしっかりつかんでおきましょう。
同時に疑問詞は接続詞としても使用します。意味は大方同じですので、接続詞として使用するパターンを しっかりつかんでおきましょう。
疑問詞か接続詞かが見分けられれば、英文を訳す問題でつまずかなくなります。

高校入試までの残りの期間で、確実に基本を抑えることで取りこぼしをなくそう!

《数学》

数学のテストでは、基本問題で確実に点数を取れるようにしておくことが大切です。
基本問題で点数を落とすケースとしては、計算問題と思いがちですが、実際は基本があやふやなままで、間違えて しまっている場合の方が多いものです。
よく間違いやすい下記基本を確認し、高校入試で点数の取りこぼしがないようにしましょう!

①マイナスのある計算

中学の数学で一番間違いやすい基本が、マイナスの入っている計算です。
マイナスが付いている計算では、下記点に注意して基本を確認しておきましょう!
 □ マイナスがつく場合は、数字の部分が大きいほどその値は小さくなる。
 □ マイナスがつくかけ算•わり算では、マイナスの数が偶数の時は答えはプラス、
   奇数の時はマイナス
になる。
 □ 不等式⇨マイナスを移行する場合は、不等号が逆になる。
 □ 方程式⇨マイナスの付いたカッコを外す時は、カッコ内の符号がすべて逆に変化する。

②文字の計算

マイナスとともに中学に入って新しく勉強した内容として文字を使った式の計算があります。
文字を使った計算では、下記点に注意して基本を確認しておきましょう!
 □ たし算•ひき算は、同じ文字の付いた項の係数(数字の部分)だけを計算する。
 □ かけ算•わり算は、文字、係数のいずれも計算する。
 □ 同じ文字同士のかけ算:a×a²=a³は次数の数字を足す(1+2=3)
 □ 同じ文字同士の次数:(a²)²=a⁴は次数の数字をかける(2×2=4)

③関数のグラフ

関数のグラフは、1年で比例、反比例、2年で一次関数、3年で二次関数と
段階を経て勉強しました。
そのれぞれのグラフの特徴、座標の読み方など、各グラフの違いに注意して基本を確認すると頭が整理できます。

④図形

図形の問題は、三角形、平行四辺形、円については1年、2年、3年のそれぞれで勉強します。
また問題も面積を求める問題や、証明問題など、いろいろとありますので、まず下記基本を確認しておこう!
 □ 三角形、平行四辺形、円の面積の求め方
 □ 三角形、平行四辺形の内角•外角など角度の関係
 □ 円の円周角•中心角、接線との関係
 □ 合同と相似の条件および記号の違い

高校入試では、1年2年の内容から70〜80%問題が出ます。
3年の勉強は、ほとんどが1年2年の基礎を使いますので、高校入試の残り期間、これまで習った基本を 関連する単元ごとに、それぞれの違いを意識して勉強してみよう!

高校入試本番に向けて、体調管理と最後の基本の確認が大切です!
あれやこれやとたくさん詰め込もうとすると、負担ばかりが増え、
逆にあやふやな 基本がそのままになってしまいがちになるので、
まずは基本問題で点数を 取りこぼさないよう基礎をしっかり
つかむことが、高校入試までの残り期間で 重要になります。

高校入試まで残りわずか!
残り期間でできる限りのことをしっかりと積み上げ
目標達成に向けて 進んでください。
また体調管理も大変重要ですので、風邪など
ひかないよう、 うがい、手洗いなどを気をつけよう!

今すぐ無料体験学習に申し込む

キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

各地域のページには、
お子さん無料体験の感想・口コミ・評判
地元の家庭教師からの応援メッセージ
を公開していますので、ぜひご覧下さい。

北信越エリア

東海エリア

関西エリア

中国エリア

四国エリア

九州エリア

 >   > 中学3年生3学期の勉強法