勉強のやり方が分からない。。。何から始めればよいかわからない。。。
やる気がないのは、やり方が分からないからです!
まずはココから始めよう! ヒミツの勉強のやり方大公開!

中学2年生の2学期をどう過ごす?

中学生活も、いよいよ折り返し地点です。
部活も3年生が引退し最上学年となり、中学生活も充実してくる時期かと思います。
2学期は、1学期よりも授業時間数も多いことから学習内容も量が多くテスト範囲もひろくなり、テスト前にあわてて テスト範囲を勉強しようとすると大変になり、勉強のニガテ意識や点数の差がつきはじめる時期となります。
また高校入試では、7割〜8割が1年生2年生の学習内容から出題されるので、2年生のうちに2年の内容だけでなく 1年生で勉強した基礎でわからないままになっているところをつかみなおしながら2学期の授業をうけていくことが、 高校入試までの中学校の勉強を楽に進めていくための一番のコツとなります。

なにから始めていいのか?わからない...。

なにから始めていいのか?わからない...。 2年生の学習は、1年生で習った基礎の延長の内容になってきます。
1年生の基礎をどれだけつかんでいるかどうかの少しの差によって、 成績に大きな差になり始めるのが2年です。同じように勉強していたつもりでも期末テストで点数が下がり気味になってきます。
ここで中学の勉強に対するニガテ意識がついてしまう子が多いので要注意!

2年生の学習内容だけをやり直そうとしても、1年生の基礎が理解できていない状態だと、がんばってもなかなか 勉強が進まず、授業も理解できなくなっていきます。

2学期の授業で新しく勉強する単元に入る前に、すでに勉強した基礎がを理解出ているか?
まずはチェックしてみよう!

  • ★There is (are) → 
  •           
  • ★接続詞 when → 
  •           
  • ★不定詞    → 
  • ★動名詞    → 
  • ★1次関数   → 
  •          
  • ★平行と合同 → 
  •          
  • ★三角形   → 

つかめていない項目が、たくさんあっても大丈夫! 中学生活を勉強もクラブも遊びも楽しく過ごすためのコツをお教えします!

1分で即実践!2学期の勉強法!

《英語》

2年生の2学期の英語では、1年生の基礎で勉強した同じ単語で、違う用法として使う表現を勉強します。 1年生の時に勉強した内容と、混同しないように理解していくことが重要です。
1年生の基礎をしっかりつかみ直しながら、新しく勉強する内容との違いを理解していくことで、1年生の基礎の 理解度も進んでいき、高校入試にむけても楽に進めていくコツとなります。

つねに英語の基礎は、1年生で勉強したbe動詞、一般動詞について理解しておくことが重要です。

下記を確認しながら、2学期の授業に入っていきましょう!

①「〜がある」 There is... There are...

「〜がある」 There is...There are... 英語ではじめて勉強する表現になります。
ただこの表現で重要なのは、is、areの部分ですが、
これは1年生で勉強したbe動詞の用法と同じになります。
「〜が」の部分が単数の場合はis、複数の場合はareを使います。
1年生で勉強した3人称のbe動詞の変化と同じですね。
過去形•否定文•疑問文も3人称のbe動詞と同じ使用法ですので、 1年生で勉強したbe動詞をしっかりと復習しておきましょう。

②接続詞 when

「〜するとき」「〜したら」という表現になります。
whenは、1年生で「いつ〜か?」という疑問詞として勉強しました。
1年生で勉強した6W1H(Whoだれ•Whenいつ•Whichどれ•Whatなに•whereどこ•Howどのように)を 一緒につかみなおしておきましょう。
また接続詞は1年生で勉強した、and•butを確認しておきましょう。

③不定詞 to+動詞の原形

不定詞も新しく勉強する文法ですが、重要なのは「動詞の原形」というところです。
1年生で、動詞にbe動詞と一般動詞(like•makeなど)の2種類だけと勉強しましたね。
また一般動詞は、現在形、過去形で語尾にedをつけるだけの規則変化と、make⇨madeと形の変わる不規則変化が あることを勉強しました。不定詞の動詞の原形とは、現在形と同じと覚えておきましょう。

④動名詞 動詞の原形+ing

動名詞は基本的には不定詞と同じ表現で使用します。
ここでも不定詞同様、動詞の原形が重要になりますので、不定詞、動名詞と一緒につかみ直しておきましょう。
また「動詞の原形+ing」は、「いま〜しています」という現在進行形という表現で使うことを1年生で勉強しました。
動名詞と混同しないよう、1年生の現在進行形の基礎を一緒に見直しておきましょう。

新しい表現がでてきますが基礎は何度も勉強するbe動詞、一般動詞が重要!
2年生の勉強と並行して、1年生の基礎をつかみ直していけば、取りこぼしが少なくなりますよ。

《数学》

2年生の2学期では、大きく分類すると関数と図形を勉強します。
数学は、学年が上がるごとに、すでに勉強した内容に、少し新しいことを勉強するだけです!
関数⇨1年の比例 図形⇨1年の平面図形

2学期の授業に入る前に、1年の勉強内容を一緒に見直しながら進めていきましょう。 意外と新しく習うことは少ないので、ひとつひとつしっかり理解していくことが重要です。 下記を確認しながら、2学期の授業に入っていきましょう。

①1次関数

1次関数 一次関数はy=ax+bという式で表されます。
1年生で勉強した比例式は y=ax 1年生で勉強した比例式と
一次関数は同じ。+b(定数)がついただけなのです。
だからグラフも、比例と同じ右上がりか左上がりの直線なのです。
1年生の比例では、aを比例定数。一次関数では、aを変化の割合
学びます。 比例と一次関数は、同じもの!
一次関数の前に比例を復習してみましょう!
また1学期に勉強した連立方程式をグラフを使って解く方法を勉強します。
1学期の復習も兼ねて、連立方程式の加減法、代入法の2つの解き方を復習しておきましょう。

②平行と合同

平行と合同では、下記3点を主に勉強します。
(1)平行な線からさまざまな角度を求める
(2)三角形•多角形の角
(3)合同条件
平行については1年生の平面図形で垂直と一緒に勉強しました。 同時に角の二等分線•垂線•垂直二等分線の意味と作図を勉強しました。 これらの1年生の基本を理解した上で平行な直線上の角度について新しく勉強する内容をつかんでいきましょう。 三角形•多角形の角については、まずは三角形の内角の和が180度(小学生で実は勉強済み)をおぼえましょう。 その上で多角形の内角•外角の勉強をすれば理解しやすくなります。 合同条件については、小学5年生でも一度勉強しています。 3つの合同条件を「平行な線の角」「三角形の角」を応用しあてはめていく練習で、パターンがつかめていきます。

③三角形

三角形は、正三角形•二等辺三角形•直角三角形•その他の三角形の4区分に分けることができます。 それぞれの性質をしっかりとつかんでおきましょう。
また、三角形の図形の勉強では、円との関係が出てくることが多いので、1年生の平面図形で勉強した円について もう一度、復習をしておきましょう。

2年の学習もほとんどが1年の基礎の延長です。
1年の基礎を確認しながら、2年の新しい授業に入っていきましょう!

2学期はイベントも盛りだくさん!
2学期は運動会や文化祭などイベントもたくさんあります。
中学生活を楽しみながら、勉強のニガテ意識が強くならないよう、
1年生の内容に戻って基礎を確認しながら、基礎をしっかりとつかんでおけば 2学期の授業の理解度も変わりますよ。

デスクスタイルでは、
すこし中学の勉強にニガテ意識がついてきた・・・
塾でがんばってるが、成績が下がってきた・・・
何度いっても勉強しない・・・
まったくやる気がない・・・
基礎からつかめていない・・・など、
そんな中学生たちに、
キッカケ、やる気をあげる 無料体験授業を行っています。

毎月200人以上の方が体験し、キッカケややる気UPを実感いただいています。
まずはお気軽に電話でご相談ください。

今すぐ無料体験学習に申し込む

キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

各地域のページには、
お子さん無料体験の感想・口コミ・評判
地元の家庭教師からの応援メッセージ
を公開していますので、ぜひご覧下さい。

北信越エリア

東海エリア

関西エリア

中国エリア

四国エリア

九州エリア

 >   > 中学2年生2学期の勉強法