>  > 中学3年生2学期の勉強法

勉強のやり方が分からない。。。何から始めればよいかわからない。。。
やる気がないのは、やり方が分からないからです!
まずはココから始めよう! ヒミツの勉強のやり方大公開!

中学3年生の2学期をどう過ごす?

なにから始めていいのか?わからない...。

部活も後輩に引き継ぎ、いよいよ高校入試にむけての意識が高まってくる
時期かと思います。
「いつになったら勉強するのーっ!」そんな気持ちも強まる時期かと思います。
2学期は、学校の授業で進む内容の勉強とともに、1年2年の取りこぼしている内容の見直しと、
効率よく進めていかないと負担ばかりが増えて大変になってしまいます。
高校入試では1年生、2年生の内容が7割から8割、出題されることから、1年2年で習った学習内容の基礎で 取りこぼしているところを、しっかりとつかみ直しながら2学期の授業を受けていくことが、高校入試までの残り の期間を楽に進めていくための大事な期間となります。

なにから始めていいのか?わからない...。

なにから始めていいのか?わからない...。 高校入試に向けて、中学3年間の範囲を勉強しなおさないといけない時期になります。2学期の新しい内容の授業も進んでいくことから、なにから始めていいのか? 気持ちばかりがあせり、わからないまま時間ばかりが過ぎてしまいがちになります。
ただ3年生の授業内容は、1年、2年で勉強した基礎の延長の内容ですので、あせらずに2学期の授業で新しく勉強する単元に関連した、1年、2年の内容を確認しながら 授業を受けることで、これまでの勉強内容の確認と授業の理解につながります。

2学期は高校入試に向けて1年、2年の見直しとともに、これから授業で勉強する内容は、授業の中で理解できるようしっかりおさえていきましょう!

  • ★現在分詞の後置修飾→ 
  •             
  • ★過去分詞の後置修飾→ 
  •             
  •             
  • ★関係代名詞    → 
  • ★2次方程式 → 
  •         
  • ★関数   → 
  •         
  • ★相似な図形→ 
  •         

つかめていない項目が、たくさんあっても大丈夫! 残りの中学生活を充実させながら高校入試までのりきるためのコツをお教えします!

1分で即実践!2学期の勉強法!

《英語》

英語はここまでで、ほぼ大方の表現方法を勉強しています。
2学期以降は、これまで勉強した表現に、さらに詳しく説明する文章や、長い文章の作り方を勉強していきますので、 これまでの基礎がつかめていないと、文章全体が長くなり、ニガテ意識がますます強くなっている子が多くいます。
ただこれから新しく勉強する内容は、あまり多くなく、これまでに勉強した内容が繰り返し出てきますので、 関連するすでに勉強した基礎を一緒に見直していきながら勉強していくことで、高校入試に向けての勉強にも つながりますので、あせらずひとつひとつ理解を深めていきましょう!

下記を確認しながら、2学期の授業に入っていきましょう!

①現在分詞の後置修飾

少し難しい表現ですが、使い方が変わるだけですでに1年、2年で勉強しました。
1年生⇨現在進行形:現在分詞とは「動詞の原形+ing」、「いま〜している」と1年生で現在進行形として勉強しました。
2年生⇨動名詞:「〜すること」という名詞や副詞、目的語として使うと勉強しました。
3年生では、名詞を修飾する役割として勉強します。
uncle living in Tokyo 「東京に住んでいるおじさん」
livingという現在分詞がuncle(おじさん)を修飾するという用法になります。
1年生の現在進行形、2年生の動名詞の確認をしながら授業を受けましょう。

②過去分詞の後置修飾

過去分詞を使う用法は、1学期に下記2種類を勉強しました。
受動態「〜される」⇨「be動詞+過去分詞」
現在完了「ずっと〜である」「〜したことがある」⇨「have(has)+過去分詞」
2学期では、①の現在分詞の後置修飾と同じ名詞を修飾する役割として勉強します。 現在分詞が「〜している」に対し、過去分詞は「〜された」 letter written by Tom 「トムによって書かれた手紙」 writtenという過去分詞がletter(手紙)を修飾する用法となります。 また過去分詞は、動詞の原形の語尾にedをつけるだけの規則変化と、形の変わる不規則動詞があることをここで もう一度確認しておきましょう。

③関係代名詞

関係代名詞は簡単に言うと、2つの文をつなぐための役割のことを言います。
トムは兄弟がいます。その兄弟は東京に住んでいます。⇨トムは東京に住んでいる兄弟がいます。 2つの文を告げることから、1分が長くなり難しく感じますが、文をつなぐ関係代名詞になにを使うかがわかれば つないだそれぞれの文の箇所は、ほとんど変わりませんので難しく考えず使う関係代名詞に注意して勉強しましょう。 またここで勉強する関係代名詞は、1年、2年で疑問詞として勉強した単語になります。
6W1H(Whoだれ•Whenいつ•Whichどれ•Whatなに•whereどこ•Howどのように)の疑問文も一緒につかみ なおしておきましょう。

また過去分詞は、動詞の原形の語尾にedをつけるだけの規則変化と、形の変わる不規則動詞があることをここで もう一度確認しておきましょう。

3年の所ばかりを勉強してると、ニガテ意識が強くなります。
1年、2年の関連する基礎を見直しながらから、ひとつひとつ理解を深めていきましょう!

《数学》

2学期は、1学期に引き続き2次方程式、関数、相似な図形を勉強します。 問題自体が長くなり、それでけでなんだか難しいことを勉強している気分になりますが新しく勉強する内容は ほんの少しで、ほとどんの内容が1年、2年で勉強した基礎を使う内容が多いですので、関連する1年、2年の 基礎をおさえなおしながら、新しい単元の授業に入っていきましょう。

下記を確認しながら、2学期の授業に入っていきましょう!

①1次関数

1学期に二次方程式の前半は授業で勉強したと思います。
2学期は、応用問題を勉強していきます。応用問題は一見難しく感じますが、なにをxに置いて式に置き換えるか がわかれば、あとは計算問題を解くだけの作業になります。
応用問題は、1年の方程式、不等式、2年の連立方程式で勉強しますが、よく出るパターンとしては、 距離の問題、食塩水の問題、買い物の問題、この3種類がよく出題されます。
二次方程式の理解には、方程式、連立方程式が理解できていないとわからない単元ですので、
1年、2年の基礎を しっかり見直しましょう。その際に応用問題でxを使って式を作る練習をし、
二次方程式の応用問題との違いを理解しておくとが重要です。

②2次方程式

2年生で1次関数を勉強しました。
3年生では2次関数を勉強します。
2年で勉強した1次関数は、1年で勉強した比例と関連が強い単元となります。
2次関数の勉強に合わせて、2年の1次関数、1年の比例をしっかりと確認しておくことで、2次関数が理解しやすく なりますので、しっかりと見直しておきましょう。
また2次関数のグラフでは、各座標をつないだ三角形の面積を求める問題がありますので、
図形の面積の公式を 一緒に見直しておきましょう。

③相似な図形

相似、あまりなじみのない言葉ですね。
形の同じまま拡大、縮小された図形同士の関係を相似と言います。
2年生で全く同じ形大きさの図形同士を合同ということを勉強しました。
相似と合同の違いは、形は同じで大きさの異なるものが相似ということになります。
合同条件、相似条件ともに3つの条件があります。合同も一緒に掴んでおきましょう。
また相似を証明する際には、2年で勉強した平行や垂直をつかって同じ角度の場所(同位角など)を使います。
この単元もしっかりと押さえなおしておきましょう。

高校入試では、1年2年の内容から70〜80%問題が出ます。
3年の勉強は、ほとんどが1年2年の基礎を使いますので、高校入試に向けて、すでに習った基礎をつかみ直し ながら新しい授業の理解を深めていきましょう!

2学期はイベントも盛りだくさん!
2学期は運動会や文化祭などイベントもたくさんあります。
最後の中学生活を楽しみながら、勉強のニガテ意識が強く
ならないよう、 1年、2年の内容に戻って基礎を確認しながら、
2学期の授業をしっかりとつかんで いけば高校入試まで、まだまだ理解度も変わりますよ。

デスクスタイルでは、
すこし中学の勉強にニガテ意識がついてきた・・・
高校入試に向けて、何をやればいいかわからない・・
どこから勉強していいかわからない・・・
まったくやる気がない・・・など、
そんな中学生たちに、
キッカケ、やる気をあげる 無料体験授業を行っています。

毎月200人以上の方が体験し、キッカケややる気UPを実感いただいています。
まずはお気軽に電話でご相談ください。

今すぐ無料体験学習に申し込む

キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

 >   > 中学3年生2学期の勉強法