>  > 中学2年生冬休みの勉強法

勉強のやり方が分からない。。。何から始めればよいかわからない。。。
やる気がないのは、やり方が分からないからです!まずはココから始めよう!
ヒミツの勉強のやり方大公開!

中学2年生の冬休みをどう過ごす?

中学生活も早いもので、半分をすぎました。
2年生の2学期は、部活が3年生の引退で最上学年となり、生活リズムも少し忙しくなったのではないでしょうか?
2年生では、1年生の基礎が理解できているかどうかによって、理解度が大きく変わり、成績の差が広がる時期です。
お子さん自身も、なんとか頑張ろうという気持ちがあっても、部活で疲れていたり、何をすればいいのかわからなくて、ずるずると時間ばかりがたってしまうというお子さんが多くなります。
高校入試では、7割〜8割が1年生2年生の学習内容から出題されるので、冬休みの間に1年、2年で勉強した内容の 基礎を確認しておくことが、高校入試までのこれからの勉強を楽に進めていくための一番のコツとなります。

なにから始めていいのか?わからない...。

なにから始めていいのか?わからない...。 学校授業が進まない冬休みは、これまで勉強した内容の基礎をつかみなおす一番良い時期です。
2年生の勉強内容は、1年生や小学生の基礎がどれだけつかめているかによって、理解度が大きく変わり、同じように勉強していたつもりでも点数が下がり気味になってきます。
2年生の2学期で成績が下がり始めたお子さんにとっては、2年生の2学期の内容だけを 復習するのではなく、1年生や小学生の基本をもう一度確認しておくことが重要になります。

これまで中学で勉強した内容の重要な基本を、冬休みの間に確認し、つかみ直しておくことが、
これからの学校の授業を理解していくための一番のコツです!

2年生で勉強した基礎と、関連する1年の基礎が理解出ているか?
まずは下記をチェックしてみよう!

つかめていない項目が、たくさんあっても大丈夫!
中学生活を勉強もクラブも遊びも楽しく過ごすためのコツをお教えします!

1分で即実践!2学期の勉強法!

《英語》

2年生の英語で、新しく勉強する文法の変化は、「be動詞の過去形」だけです。
その他の2年生の単元では、1年生の時に勉強した表現の追加や、違った用法での表現など、
1年生で勉強した基礎との違いを意識しながら理解していくことで、1年生の基礎の定着と、2年で勉強した基礎の理解度も進んでいき、高校入試にむけても楽に進めていくコツとなります。

下記を確認しながら、冬休みの間に基礎を固めておきましょう!

①be動詞の過去形

「〜がある」 There is...There are... be動詞は「○○は〜です」という表現での使用のほかに、
進行形、比較、受け身など、いろいろな文形で使用します。
人称とbe動詞の関係は1年の基礎に戻ってしっかりつかみ
あわせてbe動詞の過去形をつかんでいきましょう!

②未来形

接続詞は、代表的なものとしてand butを1年生で勉強しました。
2年生では、whenbecauseを勉強しました。
接続詞は、1年、2年、3年と3年にわたって勉強しますので、1年生で勉強した接続詞と一緒に覚えておきましょう。
またwhenは、1年生では「いつ〜ですか?」という疑問文を作る際の疑問詞として勉強しました。
疑問文での使用方法とあやふやにならないよう1年の疑問詞の基礎にも戻って違いを確認しておこう!

④助動詞

助動詞は1年生でmust(〜しなければならない)・may(〜してもよい)・can(〜できる)を勉強しました。
2年生では、上記3つの助動詞の応用的な用法を勉強します。
2年の内容だけでなく、あわせて1年の基礎に戻って助動詞をしっかりつかんでおきましょう!

⑤不定詞•動名詞

不定詞(to+動詞の原形)・動名詞(動詞の原形+ing)は、「〜すること」「〜するための」など主語や目的語として 使用する表現となります。
動名詞は、1年で勉強した進行形と同じ形なので、あやふやにならないよう1年の進行形の用法と比較して違いを しっかりつかんでおきましょう!

新しい表現がでてきますが基礎は何度も勉強するbe動詞、一般動詞が重要!
2年生の勉強と並行して、1年生の基礎をつかみ直していけば、取りこぼしが少なくなりますよ。

《数学》

2年生の数学は、1年生の基礎と強く関連しています。
逆に1年生の基礎をつかんでおけば、2年生の数学は新しく勉強する内容は、かなり少なくて楽になります。

冬休みの間に、2年生の復習だけでなく、今のうちに1年生の基礎もしっかりと固めておくことで、
これからの数学の授業の理解度も負担もらくになりますので、下記を確認しながら、基礎を確認してみましょう!

①式の計算

2年の式の計算で新しく勉強する内容は、a²のように文字に次数がついている場合の計算方法だけです。
そのほかは、1年生ですでに勉強した内容ですので、1年生の勉強内容の下記基本をまず確認しよう!
文字の入った計算は、たし算・ひき算の場合は、同じ文字の係数同士だけ計算
          かけ算・わり算の場合は、文字は文字同士、係数は係数同士だけ計算

上記1年の基礎をしっかりつかんだ上で、2年では次数がついた文字の計算方法を勉強しました。
次数がついた文字は、たし算・ひき算の場合は、同じ文字と次数も同じものだけ計算
          かけ算・わり算の場合は、文字は文字同士、係数は係数同士、次数は足した
          り約分する

一番間違いやすいのが、次数の扱いで、足す、約分という考えです。この違いをしっかりとつかんでおきましょう!

②連立方程式

連立方程式も2年で新しく勉強する内容は2つの式から1つの式に変化させるための代入法と加減法の2つだけ!
この基本がつかめれば、変化した1つの式は、1年の方程式を使えば解けてしまいます。
まずは、1年の方程式の基礎をしっかり確認したうえで、2年の連立方程式の代入法と加減法の基本だけを確認すれば 連立方程式の問題練習で、方程式の基本も同時に固めることができますよ。

③一次関数

1次関数は、1年で勉強した比例と呼び方が違うだけで、全く同じです。
1年生の比例では、y=3xのようなグラフが原点を通る式(一次関数)を勉強しました。
このとき3が傾き3の箇所が正の時はグラフは右上がり、3の箇所が負の時はグラフは右下がりと勉強しましたね。
2年では、y=3x+5のように+5という定数がついた式を新しく勉強しただけですので、むずかしく考えず1つ1つしっかり確認してみましょう。

④平行と合同

平行と合同も1年の平面図計の勉強の延長となります。
平行な線に交わる直線でできる角度の関係(同位角・錯角)、三角形の角度の関係(内角・外角)は中3になっても 高校でも勉強しますので、しっかりつかんでおきましょう。

⑤図形の性質

図形の性質もまた1年の平面図計の勉強の延長となります。
三角形・平行四辺形・円については、角度、辺の長さの関係、面積の求め方について1年の平面図計の基礎とあわせて 確認しましょう。

中学の教科書だけでなく小学の基礎に戻って見直すと、中学の数学がつかめるようになりますよ。

冬休みは、クリスマスにお正月、あっという間に終わります!
あれやこれやとたくさん詰め込もうとすると、負担ばかりが増え、
逆にあやふやな 基本がそのままになってしまいがちになるので、
まずはしっかりとこれまでの基礎を しっかりつかむことが、
今後の中学の勉強を楽にするコツです!

デスクスタイルでは、
すこし中学の勉強にニガテ意識がついてきた・・・
塾でがんばってるが、成績が下がってきた・・・
何度いっても勉強しない・・・
まったくやる気がない・・・
基礎からつかめていないなど、
そんな中学生たちに、
キッカケ、やる気をあげる 無料体験授業を行っています。

毎月200人以上の方が体験し、キッカケややる気UPを実感いただいています。
まずはお気軽に電話でご相談ください。

今すぐ無料体験学習に申し込む

キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

 >   > 中学2年生冬休みの勉強法