勉強のやり方
1分で読んで即実践できる!やる気が出ない人のための勉強法

「勉強、頑張りたいけど頑張れない…」
「やる気を出したいけど、ついつい怠けてしまう…」
「とにかく集中力がない…」


そんな小学生、中学生のために、勉強のやる気がなくても何とか勉強できる方法を伝授します。

勉強のやる気が出ない時は、無理に出さなくてもいいのです。

やる気がなくても勉強できる方法を実践しましょう。

勉強のやる気がでないときの勉強法

(1)勉強に集中できる環境を作る

家で一人で勉強していると、誰も見てないのでだらけてしまったり、テレビやゲーム、マンガなどの誘惑もあったりと、勉強のやる気がないときに集中して勉強するにはかなり難易度が高いです。

やる気が出ない…、ついつい怠けてしまう…という人は、塾の自習室か図書館に行きましょう。
※自習室、図書館に行く場合は必ず一人で行こう。


自習室、図書館に着いて着席したら、携帯電話・スマホの電源はオフにしてカバンの中に、机の上には今から取り組む教科のテキスト、ワーク、筆記用具のみを出しておきましょう。

また、あまりあれこれたくさんやろうとすると気が散らないように、後でやるつもりの教科のテキスト等はカバンにしまっておくことが大切です。

(2)その時のやる気に応じて勉強する内容を決める

ただ目の前にあるテキストなどで、適当に勉強するのではなく、状況に応じて勉強する内容を決めましょう。

もし比較的、勉強のやる気がある場合は数学の応用問題や国語の読解問題などの考える系の勉強に、なかなか勉強のやる気が出ない時は、暗記系の勉強に取り組むようにしましょう。

やる気が出ない時に、考える系の勉強に取り掛かろうとしても、どうしても気が散ってしまってなかなかうまくいきません。
ただ、暗記系の勉強なら、あまり頭を使わず単純作業として進められるので、勉強のやる気がなくてもはかどる場合が多いです。

また、暗記がはかどれば自然と勉強のやる気が出てくることもあります。

(3)目標と時間を具体的に決める

勉強する内容を決めたら、「何時までにどこまでを終わらせる」という目標を決めてください。
目標時間は、あまり頑張りすぎず、これならぎりぎり終わらせられそう!というぐらいの時間で設定しましょう。

そうすることで、集中力を高めるために良い「焦り」を作ることができます。

具体的には、暗記なら「何時までに英単語を30個覚える」、
問題を解いていく系の勉強なら「何時までに2ページ終わらせる」などです。

そして、1回の勉強時間は長くても1時間以内に設定するようにしよう。

また、1回1時間程度の勉強が終わったら、必ず10分休憩をはさんでください。
その10分の間は思いっきりリフレッシュしましょう。

どうしても勉強のやる気が出ない…という人は、ぜひ何も考えずに一度この勉強法を実践してみてください。
もし今何もしていないなら、状況が飛躍的に改善されるはずです。

家庭教師のデスクスタイルでは、お子さんとじっくり向き合って指導を行うので、 その子に合わせた授業計画に沿って指導や試験対策を行います。
無料体験もありますので、勉強に対してやる気がない、勉強のやり方が分かっていない、という事でお悩みの方は、是非お気軽にお問合せ下さい!

▶︎デスクスタイルの無料体験授業の詳細はコチラ

▶︎その他の勉強方法の一覧はコチラ

勉強苦手、勉強嫌いな平均点以下のお子さんに強い!

今すぐ無料体験学習に申し込む

キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

デスクスタイルの家庭教師対応エリアについて

各地域のページには、
お子さん無料体験の感想・口コミ・評判
地元の家庭教師からの応援メッセージ
を公開していますので、ぜひご覧下さい。

北信越エリア

東海エリア

関西エリア

中国エリア

四国エリア

九州エリア

 >   > やる気がでない人のための勉強法