石川県の高校入試、高校受験情報(日程、学力検査、内申点の算出方法、合否判定)、令和3年度(2021年度)

高校受験情報

石川県

高校入試制度は都道府県により大きく違います。
石川県の入試制度を知っておくことが高校合格への第1歩!

石川県 高校入試情報(令和3年度/2021年度)

コロナウイルス感染防止対策での学校休校に伴う学力検査の範囲削減等、石川県では例年からの変更は2020年10月1日時点の発表では予定されておりません。

石川県の公立高校入試は、推薦入学(2月)、一般入学(3月)と受験が行われますが、推薦入学は募集定員の20%以内ですので、事実上、受験機会は、一般入学の1回勝負となります。

石川県の内申点の対象学年は中学1年生から3年生の3年間の評定がつき、特に3年生は2倍に評価されますので、1年生の定期テストからの対策と、3年生では特に2学期までの定期テスト対策をしっかりとしておくことが高校入試対策に重要です。

また石川県の高校入試では、学力検査の点数を2教科の範囲内で2倍以内に傾斜される高校がありますので、石川県の入試制度を調べ、自分の得意教科を活かせる高校を受験することも検討してみましょう。

『推薦入学』

《入試日程》
令和3年2月9日(火)
《合格発表》
令和3年2月15日(月)※内定通知
《受験実施校》
普通科のコース、職業に関する学科、スポーツ健康科学科、地域創造科、演劇科、総合学科で実施。
中学校長の推薦が必要。
志願理由書も提出。
《学力検査》
なし
《その他の検査》
すべての受験者に面接を実施
適性検査・作文・小論文の内一つまたは複数を実施
《内申点の算出方法》
1年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
2年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
3年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階×2=90点
合計180点満点
《総合点の算出と受験者の合否判定方法》
調査書の内申点180点満点、その他の実施検査、志願理由書により総合的に合否を判定。

「定員に対する比率」
募集定員の20%以内

『一般入学』

《入試日程》
令和3年3月9日(火):学力検査(国語・理科・英語)
令和3年3月10日(水):学力検査(社会・数学) ※面接・適性検査を実施の高校もあり
《合格発表》
令和3年3月17日(水)
《受験実施校》
すべての高校
《学力検査》
英語 100点(50分・リスニングテストあり)
数学 100点(50分)
国語 100点(50分・課題作文あり※例年)
理科 100点(50分)
社会 100点(50分)
合計500点満点
※傾斜配点を2教科まで2倍を超えない範囲で実施の場合あり。
《その他の検査》
面接・適性検査のうちいずれか1つまたは両方を実施。
《内申点の算出方法》
1年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
2年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
3年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階×2=90点
合計180点満点
《総合点の算出と受験者の合否判定方法》
内申点(180点満点)、学力検査点(500点満点)と面接・適性検査の結果をもとに選抜。

【石川県の高校入試の平均点と出題内容】

《石川県立高校入試の平均点》
各教科100点満点。カッコ内は前年度の平均点。
英語:45.3点(48.7点)
数学:40.0点(49.6点)
国語:50.5点(54.5点)
理科:48.1点(55.6点)
社会:43.9点(57.9点)
《英語の出題内容と傾向》
■大問1(リスニング)
■大問2(適文補充)
■大問3(長文読解)
ポスターを見ながら答える会話文で、5人の登場人物がやり取りをするため、誰が何を話しているのかの見極めが必要です。
《数学の出題内容》
■大問1(小問集合)
100点満点中30点と割合が高めのため、しっかり得点できるようにする必要があります。
■大問2(確率)
■大問3(二次関数)
二次関数は、少し難易度が高めでした。
■大問4(連立方程式)
■大問5(作図)
作図も、少し難しかったと思います。∠ADC=∠APCを満たすには何を考えたら良いかに気づけるかがポイントです。
■大問6(平面図形)
平面図形は、ふだん解きなれている図形と異なった形をしていたため、混乱した人が多かったのではないでしょうか。
■大問7(空間図形)
空間図形は、(3)が難問です。面積比を見つけることできないと、答えにたどり着くのは難しいでしょう。
《国語の出題内容と傾向》
■大問1(漢字)
■大問2(物語文)
50~70字以内で答えさせる記述問題があります。
■大問3(論説文)
65~80字以内で答えさせる記述問題があります。
■大問4(古文)
選択問題が2問あり、比較的解きやすかったと思います。
■大問5(課題作文)
これまでの傾向と同じで、資料を見て自分の意見を説明させる問題でした。
資料の内容が細かく、難しそうな印象を受けますが、しっかり読み取れればテーマ的には書きやすかったでしょう。
《理科の出題内容と傾向》
■大問1(小問集合)
■大問2(植物の蒸散)
■大問3(電流)
■大問4(蒸留)
■大問5(天体)
■大問6(化学反応とイオン)
化学反応とイオンの融合問題で、濃度の計算や作図、気体が発生した理由を書かせる問題など、全体的に難しかったのではないでしょうか。
《社会の出題内容と傾向》
■大問1(世界の地理)
■大問2(飛鳥時代~幕末の日本の歴史)
■大問3(日本国憲法)
■大問4(日本の地理)
資料を見て説明させる記述問題の段位度が高いです。
■大問5(20世紀の世界史)
よく出てくる近現代史の問題でした。資料3や資料4の読み取りや記述が難しかったのではないでしょうか。
■大問6(経済)
キャッシュレスに関する時事問題。最近の国内外についての知識があるかどうかが重要で、知らない人は特に難しかったでしょう。
《石川県教育委員会》
もっと詳しい石川県の公立高校受験、入試制度の情報は石川県教育委員会の高校入試情報のページで確認下さい。
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kyoiku/index.html
《石川県の公立高校・私立高校の偏差値》
石川県の公立高校・私立高校の偏差値の一覧を下記ページにまとめています。
高校受験の志望校選択の参考にして下さい。
石川県の高校偏差値表(http://www.deskstyle.info/eria/ishikawa/hensachi.html)

♡♡ 石川で家庭教師をお探しならデスクスタイルへ ♡♡

石川で家庭教師をお探しの方は、デスクスタイル石川県ページをご覧ください
石川県、金沢の生徒の口コミ、体験談、家庭教師からの応援メッセージなど多数掲載しています。
家庭教師のデスクスタイル石川エリアページはコチラ

石川県内の対応エリアの詳細は、下記リンクより進んでください。
エリア名の横に(※)が付いている場合は、現在、家庭教師の選抜が困難な非対応エリアとなります。



《加賀地区》

《能登地区(口能登)》

《能登地区(中能登)》

《能登地区(奥能登)》

今すぐ無料体験学習に申し込む

割引キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

家庭教師のデスクスタイル > 対応エリア > 石川県 > 石川県の高校受験(令和3年/2021年実施内容)