大分県の高校受験、高校入試情報(日程、学力検査、内申点の算出方法、合否判定)、令和3年度(2021年度)

高校受験情報

大分県

高校入試制度は都道府県により大きく違います。
大分県の入試制度を知っておくことが高校合格への第1歩!

大分県 高校入試情報(令和3年度/2021年度)

コロナウイルス感染防止対策での学校休校に伴う学力検査の範囲削減等、大分県では例年からの変更は2020年10月1日時点の発表では予定されておりません。
今後の学習進度の状況を見て変更の可能性もあります。

大分県の公立高校入試は、推薦入学者選抜(2月)、第一次入学者選抜(3月)と受験が行われます。

内申点の換算方法が変更になり、対象学年が中学1年生から中学3年生の評定がつき、3年生の成績が重視されますので、定期テストをしっかり対策しましょう。

また大分県の入試制度では、内申点と学力検査の傾斜が学校により異なるので、しっかり入試制度を調べておきましょう。
※学力検査点重視がおおい

『推薦入学者選抜』

《入試日程》
令和3年2月2日(火)
令和3年2月3日(水)
《合格発表※内定通知》
令和3年2月3日(水)
令和3年2月4日(木)
《受験実施校》
「推薦入試A」
下記の3校で実施。
○別府翔青のグローバルコミュニケ―ション科...75%以内
○大分舞鶴の理数科...50%以内
○芸術緑丘の音楽科・美術科...100%

「推薦入試B」
推薦入試A実施校以外のすべての学校・学科で実施。
スポーツ活動・文化活動・その他の活動で成果を収めた者等が対象。
《学力検査》
なし
《その他の検査》
すべての受験者に面接、小論文を実施
《内申点の算出方法》
1年生の主要5教科(英語.数学.国語.理科.社会)×5段階+実技4教科(音楽.美術.保体.技家)×5段階×2=65点
2年生の主要5教科(英語.数学.国語.理科.社会)×5段階+実技4教科(音楽.美術.保体.技家)×5段階×2=65点
3年生の主要5教科(英語.数学.国語.理科.社会)×5段階×2+実技4教科(音楽.美術.保体.技家)×5段階×4=130点
合計260点満点
《総合点の算出と受験者の合否判定方法》
調査書、検査の結果を総合判定し選抜

「推薦Aの定員に対する比率」
○別府翔青のグローバルコミュニケ―ション科...75%以内
○大分舞鶴の理数科...50%以内
○芸術緑丘の音楽科・美術科...100%

「推薦Bの定員に対する比率」
○普通科 ...入学定員の10%以内
○専門学科...入学定員の15%以内
○総合学科...入学定員の30%以内

『第一次入学者選抜』

《入試日程》
令和3年3月9日(火)
令和3年3月10日(水)
《合格発表》
令和3年3月12日(金)
《受験実施校》
すべての高校
《学力検査》
英語 60点(50分・リスニングテストあり)
数学 60点(50分)
国語 60点(50分・条件作文あり※例年)
理科 60点(50分)
社会 60点(50分)
合計300点満点
※一部で傾斜配点を実施
《その他の検査》
一部の高校で受験者に面接を実施する場合あり
《内申点の算出方法》
1年生の主要5教科(英語.数学.国語.理科.社会)×5段階+実技4教科(音楽.美術.保体.技家)×5段階×2=65点
2年生の主要5教科(英語.数学.国語.理科.社会)×5段階+実技4教科(音楽.美術.保体.技家)×5段階×2=65点
3年生の主要5教科(英語.数学.国語.理科.社会)×5段階×2+実技4教科(音楽.美術.保体.技家)×5段階×4=130点
合計260点満点
《総合点の算出と受験者の合否判定方法》
内申点(260点満点)、学力検査点(300点満点)を「5:5」「4:6」「3:7」で傾斜して総合点を算出。

【大分県の高校入試の平均点と出題内容】

《大分県立高校入試の平均点》
各教科60点満点。カッコ内は前年度の平均点。
国語:29.1点(32.2点)
社会:26.9点(30.8点)
数学:31.9点(24.7点)
理科:31.4点(31.8点)
英語:34.9点(31.0点)
《英語の出題内容》
リスニングでは図や表を見ながら英文を聞く問題や英文に対する応答文を選ぶ問題が出題。
長文読解では、内容を問う問題や文のまとめなどに適した文を書かせる英作文が出題され、語彙や並べ替え問題などの基礎的な問題も多く出題。
長文読解はやや長めで内容を理解できているかを聞く問題が多いため、読みながら内容を把握する練習をしておきましょう。
英作文では、対話文の穴埋めや応答など前後の文脈を受けた英作文を書く問題が出題されやすいため、過去問を用いて形式に慣れておくことが大切です。
《数学の出題内容》
小問集合が全体の約3分の1の配点であるため、計算力や基本的な数学の基礎をしっかり固め確実に得点できるようにしておきましょう。
関数や確率、図形など分野は広く出題されますが、多くは教科書レベルの基礎を応用したものなので、基礎を定着させることが大切です。
図形では毎年証明問題が出題される傾向があるので、定理や法則をつかんでおくこと、証明問題をしっかり対策しておくことが必要です。
《国語の出題内容》
大問1では漢字の書き取りや資料の読み取りなどの基本的な問題が出題。
小説や評論では内容や心情が理解できているかを問う問題が多く出題。
作文は、120字程度で資料を踏まえて書かせる出題形式が多い。
現代文・古典・作文すべてで、資料や文章から読みとった情報を問題と照らしあわせて自分の言葉でまとめる力を問う問題が多く出題されています。
傍線部や資料から重要な語句や表現の抜き出しや、自分で噛み砕いて理解していく練習をしておきましょう。
《理科の出題内容》
物理・化学・生物・地学それぞれの大問と、各分野が融合された大問の計5題出題。
各分野で2,3単元出題されるため、幅広く基礎を固めておくことが大切です。
化学では中和やイオンに関する分野が出やすい傾向にあります。
《社会の出題内容》
地理では世界地理と日本地理が1問ずつ出題。
歴史は中世や近世が多く出題される傾向にあります。
年代の特徴の整理や並べ替えができるように基礎を固めておきましょう。
公民は産業や経済などまんべんなく出題されるため、苦手分野をなくしておくことが大切です。
《大分県教育委員会》
もっと詳しい大分県の公立高校受験、入試制度の情報は大分県教育委員会の高校入試情報のページで確認下さい。
http://www.pref.oita.jp/site/kyoiku/
《大分県の公立高校・私立高校の偏差値》
大分県の公立高校・私立高校の偏差値の一覧を下記ページにまとめています。
高校受験の志望校選択の参考にして下さい。
大分県の高校偏差値表(http://www.deskstyle.info/eria/oita/hensachi.html)

♡♡ 大分で家庭教師をお探しならデスクスタイルへ ♡♡

大分で家庭教師をお探しの方は、デスクスタイル大分県ページをご覧ください
大分県の生徒の口コミ、体験談、家庭教師からの応援メッセージなど多数掲載しています。
家庭教師のデスクスタイル大分エリアページはコチラ

大分県内の対応エリアの詳細は、下記リンクより進んでください。



《中部地域》

《東部地域》

《北部地域》

《西部地域》

《南部地域》

《豊肥地域》

今すぐ無料体験学習に申し込む

割引キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

家庭教師のデスクスタイル > 対応エリア > 大分県 > 大分県の高校受験(令和3年/2021年実施内容)