小論文・作文対策

小論文・作文対策

「5 教科の勉強はなんとかできそうだけど…」と多くの受験生が困っている「小論文・作文対策」。
今更聞けない「そもそも小論文って何?」という疑問や、攻略のコツをまとめました。

小論文と作文の違いって何?

作文自分の気持ちや体験・感想を素直に書いていくもの。

小論文…あるテーマについて他人を説得するために自分の意見を論理的かつわかりやすく述べていくもの。

小論文ってどんなもの?

字数600~800 字が中心です。(原稿用紙1 枚半から2 枚程度) なかには事前に、800 ~1200字程度で書いたものを出願時に提出させる学校もあります。

時間…制限時間は50~60分が多いようです。 字数が400字なら30~40分、600字なら50分、800字なら60分が標準的です。

小論文を書くときには、テーマを絞る。

小論文では「この文で自分は何を言いたいのか?」を明確にすることが大切です。 テーマがはっきりしないと書いてる間に何を言いたいのか伝わらなくなってしまいます。

小論文対策をする上でのポイント

1.過去の出題テーマを調べ、志望校がどんな出題をするか知ろう。2.
本番と同じ形式で書く練習をしておこう。3.文章は「自分の意見や考え」→「それを理由付ける例」→「自分の意見」という流れでまとめていきます。
問題の字数が多いときは「自分と違う意見や事例」→「違う点の指摘」を加えよう。4.ある程度文章が書けるようになったら、制限時間内で書く練習をしよう。

小論文や、作文問題はとっつきにくいところもありますが、過去の出題例や、形式を知り、練習していけば説得力のある文章が書けるようになります。 家庭教師の先生に相談しながらやってみましょう!

問題のケース別のポイント

自分の意見や考えを問われる問題

「中学で学んだこと」「部活動で経験したこと」「いままでで一番嬉しかったこと」「友達について」など。※自分の意見をしっかりと伝えなければならないので、実力がはっきりと試されるテーマです。

【対策】

まず家庭・中学・校外活動などの経験で学んだことを箇条書きにしましょう。
その上で実体験を他人にわかりやすいようにまとめます。

【文章作成のポイント】

「自分が学んだこと(短く)」→「その実体験のストーリー」→「最後にもう一度自分がまなんだこと」という流れを意識して、文章を書きましょう。

社会的な関心と考えを問われる問題

「ボランティア活動について」「高齢化社会について」「環境破壊の防止」「人権や差別」「戦争」 「国際化社会や貧困」など。※事実だけでなく、プラスαで自分の考えをまとめて表現できるかが試されるテーマです。

【対策】

公民・道徳・国語の教科書などを使って、予想される問題内容をまとめるとわかりやすいと思います。 それぞれの国際会議・条約名などの用語やよく使われる事例などを書き出して見ましょう。

【文章作成のポイント】

「自分の意見」→「その事例」→「対立する意見と例」→「間違いの指摘」→「自分の意見」という流れを意識して、文章を書きましょう。

抽象的な言葉への考えを問われる問題

「空」「手」「本」「あなたにとって心の豊かさとは?」「学ぶことの意味は」など。
※日ごろから、様々なことを深く考える習慣があるかどうかを試されるテーマです。 普段あまり考えたことがないような抽象的なテーマが問われると、なかなか難易度が高くなります。

【対策】

ここで決め手となるのは、「想像力」テーマから連想するものを箇条書きにし、そこからイメージが わいたものをどんどん突き詰めて考えてみます。 連想から出た言葉が自分の意見となって出ていく。これがこの問題の面白さです。 自由な発想で挑戦してみてください。

小論文や、作文問題はとっつきにくいところもありますが、過去の出題例や、形式を知り練習して いけば説得力のある文章が書けるようになります。
作文対策も担当の家庭教師の先生に相談しながらやってみましょう!!