愛媛県の高校受験、高校入試情報(日程、学力検査、内申点の算出方法、合否判定)、令和3年度(2021年度)

高校受験情報

愛媛県

高校入試制度は都道府県により大きく違います。
愛媛県の入試制度を知っておくことが高校合格への第1歩!

愛媛県 高校入試情報(令和3年度/2021年度)

コロナウイルス感染防止対策での学校休校に伴う学力検査の範囲削減等、愛媛県では5教科全てにおいて全項目の1割程度の内容を出題範囲から除外することが発表がされました。

愛媛県の公立高校入試は、推薦入学者選抜(2月)、一般入学者選抜(3月)と受験が行われます。

愛媛県の内申点の対象学年は中学1年生から3年生の3年間の評定が同等つきますので、1年生の定期テストからしっかり対策しておくことが必要です。

一般入学者選抜では、教科によりテスト時間が異なりますので、問題を解く時間配分の練習もしておきましょう。また作文(25分)が実施されますので、作文対策も行っておきましょう。

また愛媛県の高校入試では、すべての受験者に面接が実施されますので、面接対策もしっかりと行っておきましょう。

『推薦入学者選抜』

《入試日程》
令和3年2月9日(火)
《合格発表》
令和3年3月18日(木)
《受験実施校》
全高校・全学科で実施。
自己アピール書を提出。
《学力検査》
なし
《その他の検査》
面接・集団討論のうちから少なくとも1つ
作文・小論文のうちから少なくとも1つ
工業に関するデザイン科では実技テスト(30分)を実施。
《内申点の算出方法》
1年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
2年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
3年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
合計135点満点
《総合点の算出と受験者の合否判定方法》
調査書の内申点135点満点、その他の実施検査より総合的に合否を判定。

「定員に対する比率」
○普通科、理数科、国際文理科...5%〜15%程度
○職業教育を主とする学科、総合学科...20%〜30%程度

『一般入学者選抜』

《入試日程》
令和3年3月11日(木)
令和3年3月12日(金)
《合格発表》
令和3年3月18日(木)
《受験実施校》
すべての高校
《学力検査》
英語 50点(60分・リスニングテストあり)
数学 50点(50分)
国語 50点(一般の問題45分+作文25分)
理科 50点(50分)
社会 50点(50分)
合計250点満点
※一部の高校で傾斜配点を実施

※下記の学習内容を出題範囲から除外する。
【英語】
関係代名詞のうち目的格の that、 whichの制限的用法
【数学】
第3学年で学習する内容のうち「資料の活用」
【国語】
第3学年で学習する内容のうち伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項⑵書写に関する事項
【理科】
第1分野のうち「科学技術と人間」
第2分野のうち「自然と人間」
【社会】
公民的分野のうち⑷私たちと国際社会の諸課題

《その他の検査》
すべての受験者に面接を実施。
《内申点の算出方法》
1年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
2年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
3年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
合計135点満点
《総合点の算出と受験者の合否判定方法》
内申点(135点満点)、学力検査点(250点満点)と面接・実技の結果をもとに下記2段階で選抜。

「第1選抜」
調査書点(135点満点)が上位から募集人員の90%程度以内にある受験者のうち、調査書の記録と、面接及び実技テストの結果が良好な受験者を対象に、学力検査の上位順に募集人員の70%程度を選抜。

「第2選抜」
残るすべての受験者を対象に、学力検査結果(A)、調査書点(B)、調査書の評定以外の記録と、面接及び実技テストの評価点(C)を用いて、募集人数の30%程度を選抜。
A、B、Cの比率はA(3~6)、B(2~4)、C(2~4)の範囲内とし、A+B+Cの合計が10となるよう配分します(比率は各学校、学科により異なります)。

【愛媛県の高校入試の平均点と出題内容】

《愛媛県立高校入試の平均点》
非公表
《英語の出題内容》
大問6問構成。 
大問1から3までリスニング、それ以降の大問で英作文、会話文、長文問題。
出題内容に例年大きな変更がないことから、過去問を使って練習しておきましょう。
リスニングでは絵を選ぶ問題、英文を聞いて応答する問題などが出題。
英作文の問題は、語句整序の問題に続いて同じ大問内で出題。
長文では内容把握、理由説明、内容一致など、基本的な問題が出題。
《数学の出題内容》
大問5問構成。
大問1と2が独立小問。
式の計算、平方根の計算、式の展開、確率、標本調査などが出題され、いずれも標準レベルなので、確実に得点できるよう基礎を固めておきましょう。
大問3以降で、規則性、関数、平面図形がそれぞれの大問で出題。
いずれの大問も難問は少ないため、基礎をしっかりと押さえておくことが大切です。
《国語の出題内容》
大問5問構成。
それぞれの大問で評論文、漢字の読み仮名、漢字の書き取り、小説、古文が問われます。
評論文では内容把握や適語挿入のみならず、品詞や熟語の構成や接続詞・副詞の挿入なども聞かれるため注意が必要です。
小説では慣用句も聞かれているので日ごろから練習しておきましょう。
作文の試験25分がありますので、300~400字で自分の考えを表現する練習をしておきましょう。
《理科の出題内容》
大問5問構成。
大問1から4で物理、化学、生物、地学が出題。
大問5は小問集合。
物理分野から「力の性質」「電力・発熱量」「仕事とエネルギー」、化学分野から「気体の性質」「状態変化」「物質の性質」「質量保存・質量比」、生物分野から「ヒトの体」「生物に成長とふえ方」「生物のつながり」、地学分野から「火山と地層」「天気の変化」「太陽・月の動き」が出題。
どの分野も出題範囲が広く、作図や計算問題も出題されるため、回答の時間配分の練習をしておくことも大切です。
《社会の出題内容》
大問6問構成。
日本史、地理、公民がそれぞれ2つの大問で出題。
地理分野からは「地球のすがたと人々の暮らし」「日本のすがたと産業」が毎年出題されています。
歴史分野では原始時代から現代まで幅広く出題されます。
公民分野では政治・経済・国際いずれもまんべんなく出題されるためしっかりと対策しておきましょう。
《愛媛県教育委員会》
もっと詳しい愛媛県の公立高校受験、入試制度の情報は愛媛県教育委員会の高校入試情報のページで確認下さい。
http://ehime-c.esnet.ed.jp/
《愛媛県の公立高校・私立高校の偏差値》
愛媛県の公立高校・私立高校の偏差値の一覧を下記ページにまとめています。
高校受験の志望校選択の参考にして下さい。
愛媛県の高校偏差値表(http://www.deskstyle.info/eria/ehime/hensachi.html)

♡♡ 愛媛で家庭教師をお探しならデスクスタイルへ ♡♡

愛媛で家庭教師をお探しの方は、デスクスタイル愛媛県ページをご覧ください
愛媛県の生徒の口コミ、体験談、家庭教師からの応援メッセージなど多数掲載しています。
家庭教師のデスクスタイル愛媛エリアページはコチラ

愛媛県内の対応エリアの詳細は、下記リンクより進んでください。
エリア名の横に(※)が付いている場合は、現在、家庭教師の選抜が困難な非対応エリアとなります。


《中予地方》

《東予地方》

《南予地方》

今すぐ無料体験学習に申し込む

割引キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

家庭教師のデスクスタイル > 対応エリア > 愛媛県 > 愛媛県の高校受験(令和3年/2021年実施内容)