広島県の高校受験、高校入試情報(日程、学力検査、内申点の算出方法、合否判定)、令和3年度(2021年度)

高校受験情報

広島県

高校入試制度は都道府県により大きく違います。
広島県の入試制度を知っておくことが高校合格への第1歩!

広島県 高校入試情報(令和3年度/2021年度)

コロナウイルス感染防止対策での学校休校に伴う学力検査の範囲削減等、広島県では例年からの変更は2020年10月1日時点の発表では予定されておりません。

広島県の公立高校入試は、選抜Ⅰ:推薦入試(2月)、選抜Ⅱ:一般入試(3月)と受験が行われますが、選抜Ⅰは推薦書が必要になります。

広島県の内申点の評定は、中学1年生〜3年生の3学年の評定が対象となりますので、1年生の定期テストからしっかり対策しておくことが高校入試対策の第一歩です。

また広島県の内申点は、実技4教科が2倍の評定となりますので、毎日の学校の実技4教科の授業もしっかりと受けておきましょう。

『選抜Ⅰ:推薦入試』

《入試日程》
令和3年2月3日(水):面接等
《合格発表※内定通知》
令和3年2月8日(月)
《受験実施校》
全日制の全ての高校・学科で実施。
学校推薦+志望理由書を提出
普通科にコースを設置している高校は、普通科と普通科・コースとの併願を認めることができる(併願の方法は高校が定める)。
《学力検査》
なし
《その他の検査》
すべての受験者に面接を実施。
作文・小論文・英語による面接・実技検査を実施する高校あり。
《内申点の算出方法》
1年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
2年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
3年生の9教科(英語.数学.国語.理科.社会.音楽.美術.保体.技家)×5段階=45点
合計135点満点
《総合点の算出と受験者の合否判定方法》
調査書の内申点135点満点、面接、その他の検査より総合的に合否を判定。

「定員に対する比率」
○普通科におけるコース、総合選択制の普通科、専門教育を主とする学科及び総合学科...50%以内
○入学定員が1学級の普通科...30%以内
○上記を除く普通科...20%以内
○普通科以外の学科...各高校が決める。50%が多い。

『選択Ⅱ:一般入試』

《入試日程》
令和3年3月8日(月)
令和3年3月9日(火)
《合格発表》
令和3年3月16日(火)
《受験実施校》
すべての高校
《学力検査》
英語 50点(50分・リスニングテストあり)
数学 50点(50分)
国語 50点(50分)
理科 50点(50分)
社会 50点(50分)
合計250点満点を125点満点に換算
《その他の検査》
多くの高校で受験者に面接を実施。
実技検査を実施する高校あり。
下記高校にて自校作成の学力検査を実施。
○広島国泰寺の理数コース、福山誠之館,廿日市...数学
○安古市、安西、呉三津田、尾道北、三次...数学・英語
○尾道東の国際教養コース...英語
《内申点の算出方法》
1年生の主要5教科(英語.数学.国語.理科.社会)×5段階+実技4教科(音楽.美術.保体.技家)×5段階×2=65点
2年生の主要5教科(英語.数学.国語.理科.社会)×5段階+実技4教科(音楽.美術•保体.技家)×5段階×2=65点
3年生の主要5教科(英語.数学.国語.理科.社会)×5段階+実技4教科(音楽.美術•保体.技家)×5段階×2=65点
合計195点満点を135点満点に換算
《総合点の算出と受験者の合否判定方法》
内申点(135点)+学力検査点(125点)=260点満点と面接・実技の結果を総合点に判断。
また高校により定員の一部(20%以内)を、学力検査重視(1:9~3:7)または調査書重視(8:2~7:3)で選抜できる。
○学力検査重視...30学科・コース
○調査書重視...5学科・コース

「学力検査の傾斜配点」
○広島国泰寺の普通科(理数コースを除く)、広島皆実、広島井口、広島観音、広島市立舟入の普通科(国際コミュニケーションコースを除く)、広島市立沼田の普通科(体育コースを除く)、可部、高陽東、五日市、広島市立美鈴が丘、廿日市、廿日市西、呉市立呉...数学・英語×2
○安芸府中の国際科...英語×2
○広島国泰寺の理数コース...英語・理科×2
○大門の理数コース...数学・理科×2
○祗園北の普通科(理数コースを除く)...数学・英語×1.5
○祇園北の理数コース...数学・理科×1.5

【広島県の高校入試の平均点と出題内容】

《広島県立高校入試の平均点》
各教科50点満点。カッコ内は前年度の平均点。
国語:26.5点(23.6点)
社会:22.0点(21.6点)
数学:28.2点(21.0点)
理科:28.6点(23.3点)
英語:23.9点(21.3点)
《英語の出題内容》
大問4問構成。
リスニング、会話文、長文、英作文が出題。
全体として記述問題が多いので、しっかり対応できるよう練習しておきましょう。
リスニングでは会話を聞いて答える問題や絵や写真から答えを選ぶ問題が出題。
長文問題では内容把握、適語選択、語句整序、内容一致文選択が出題されています。
《数学の出題内容》
大問6問構成。
大問1と2は独立小問となっており、式の計算や連立方程式、確率、資料の活用など出題内容は多岐にわたります。
大問3以降で二次方程式・平方根、平面図形、関数に関する大問が出題されており、いずれも難易度が高いので、大問1、2の基礎問題でしっかり得点できるよう基礎を固めておきましょう。
広島県の入試数学の特徴として、会話文の内容を読み取って空欄を埋める問題が出題されます。
《国語の出題内容》
大問4問構成。
小説、評論文、漢文、作文が出題。
文章量がやや多く、記述・論述問題が多く出題されているため、難易度も高い。
小説では、会話形式の文章を基に、登場人物の心情について記述させる問題が出題されています。
評論文では70文字以内の理由説明など、時間がとられます。
大問3では漢文が出題されたが、古文が出題された年もあるため、幅広く対策しておきましょう。
《理科の出題内容》
大問4問構成。
各大問で化学、生物、物理、地学が出題。
記述問題も含まれるため、日ごろから記述問題の練習をしておきましょう。
化学分野から「水溶液の性質」「状態変化」、生物分野から「植物につくりとはたらき」、物理分野から「磁界・電磁誘導」、地学分野から「太陽・星座の動き」「月・惑星の動き」が出題されました。
《社会の出題内容》
大問4問構成。
地理、日本史、公民、融合問題が出題。
記述・論述問題が多く出題されますので、普段から自分の言葉で言い表せるように練習をしておきましょう。
地理分野からは東北地方の問題が出題。
昨年度はアジア・オセアニア地域が出題されており、出題に特に傾向がない。
歴史分野では古代から現代まで幅広く出題されました。
公民分野では国際社会について問われ、過去には経済、政治についても出題されており、まんべんなく勉強しておくことが大切です。
《広島県教育委員会》
もっと詳しい広島県の公立高校受験、入試制度の情報は広島県教育委員会の高校入試情報のページで確認下さい。
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/kyouiku/
《広島県の公立高校・私立高校の偏差値》
広島県の公立高校・私立高校の偏差値の一覧を下記ページにまとめています。
高校受験の志望校選択の参考にして下さい。
広島県の高校偏差値表(http://www.deskstyle.info/eria/hiroshima/hensachi.html)

♡♡ 広島で家庭教師をお探しならデスクスタイルへ ♡♡

広島で家庭教師をお探しの方は、デスクスタイル広島県ページをご覧ください
広島県の生徒の口コミ、体験談、家庭教師からの応援メッセージなど多数掲載しています。
家庭教師のデスクスタイル広島エリアページはコチラ

広島県内の対応エリアの詳細は、下記リンクより進んでください。
エリア名の横に(※)が付いている場合は、現在、家庭教師の選抜が困難な非対応エリアとなります。


《安芸地方》

《備後地方》

《芸北地方》

《備北地方》

今すぐ無料体験学習に申し込む

割引キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

家庭教師のデスクスタイル > 対応エリア > 広島県 > 広島県の高校受験(令和3年/2021年実施内容)