山梨県の高校受験、高校入試情報(日程、学力検査、内申点の算出方法、合否判定)、令和4年度(2022年度)

高校受験情報

山梨県

高校入試制度は都道府県により大きく違います。
山梨県の入試制度を知っておくことが高校合格への第1歩!

山梨県 高校入試情報(令和4年度/2022年度)

コロナウイルス感染防止対策での学校休校に伴う学力検査の範囲削減等、山梨県では後期募集における学力検査の出題範囲から除外される内容が発表されました。

山梨県の公立高校入試は、前期募集(2月)、後期募集(3月)と受験が行われます。
前期選抜は自己推薦制で中学校長の推薦は不要なので、各高校の入試制度を調べて志望校を選択しましょう。

山梨県の内申点の対象学年は中学1年生〜中学3年生の評定がつき、実技4教科の比重が高いので、1年から学校の定期テスト対策と、実技4教科の授業もしっかりと受けましょう。

一人一校のみ出願可能ですが、志願先の高校に2学科以上がある場合、同一高校内で第2希望まで学科の志望順位をつけることができます。

『前期募集』

《入試日程》
令和4年2月1日(火)、2日(水)
《合格発表》
令和4年3月11日(金)
《受験実施校》
70%以上の学校で実施。
《学力検査》
学力検査は行わない。
《その他の検査》
必要に応じて作文・特技・個性表現のいずれか、または複数を実施する。
《内申点の算出方法》
1年生の5教科(英語・数学・国語・理科・社会)×5段階評定×2+4教科(音楽・保健体育・技術家庭・美術)×5段階評定×3
2年生の5教科(英語・数学・国語・理科・社会)×5段階評定×2+4教科(音楽・保健体育・技術家庭・美術)×5段階評定×3
3年生の5教科(英語・数学・国語・理科・社会)×5段階評定×2+4教科(音楽・保健体育・技術家庭・美術)×5段階評定×3
特別活動30点
360点満点
《総合点の算出と受験者の合否判定方法》
調査書、面接等の成績を総合判定し選抜する。

「定員に対する比率」
○普通科、理数科、文理科、英語理数科、探究科については募集定員の40%以内
○職業に関する学科・総合学科については募集定員の50%以内

『一般入学』

《入試日程》
令和4年3月3日(木)
《合格発表》
令和4年3月11日(金)
《受験実施校》
全ての学校で実施。
《学力検査》
英語 100点(45分・リスニングテストあり)
数学 100点(45分)
国語 100点(55分・課題作文あり※例年)
理科 100点(45分)
社会 100点(45分)
合計500点満点
※一部で傾斜配点を実施。
《その他の検査》
なし
《内申点の算出方法》
1年生の5教科(英語・数学・国語・理科・社会)×5段階評定×2+4教科(音楽・保健体育・技術家庭・美術)×5段階評定×3
2年生の5教科(英語・数学・国語・理科・社会)×5段階評定×2+4教科(音楽・保健体育・技術家庭・美術)×5段階評定×3
3年生の5教科(英語・数学・国語・理科・社会)×5段階評定×2+4教科(音楽・保健体育・技術家庭・美術)×5段階評定×3
特別活動30点
360点満点
《総合点の算出と受験者の合否判定方法》
内申点360点満点+学力検査点500点満点
調査書の記録及び、学力検査の成績を総合判定し選抜する。

【山梨県の高校入試の平均点と出題内容】

《山梨県立高校入試の平均点》
英語・・・50.8点
数学・・・59.1点
国語・・・58.7点
理科・・・53.6点
社会・・・58.3点
《英語の出題内容と傾向》
大問1・・・リスニング
大問2・・・リスニング
大問3・・・リスニング
大問4・・・会話文
大問5・・・会話文

序盤のリスニングでは、生活の場面での短い会話を聞き、必要な情報を把握する問題と、ひとりのスピーチを聞いて答える問題がありました。
情報をもとに自分で適切な解答をつくる力が図られています。
長文問題では、異文化についてと環境問題についての会話文が出題されており、その中で自分の考えを英語で記述する問題も見られました。
英語を実際に使うことを重視されているため、問題に答えるだけでなく実践的な技能を身につけることが必要です。
《数学の出題内容と傾向》
大問1・・・計算
大問2・・・小問集合
大問3・・・関数
大問4・・・数と式
大問5・・・関数・平面図形
大問6・・・空間図形

大問1、2の小問では基礎的な力が図られています。
正答率が高いため、確実に点数を取れるようにしておきましょう。
関数や数と式の問題では、生活の場面から数学の問題に結び付けられているものがいくつかありました。
立式や計算以外にも、問題文を理解する力も必要になるため、総合的な問題と言えます。
場面が変わっても確実に定理や式を使えるように、様々な種類の問題を解くとよいと思われます。
《国語の出題内容と傾向》
大問1・・・語句
大問2・・・表現
大問3・・・小説文
大問4・・・古文
大問5・・・論説文

語句の問題が独立しています。基本的な書き取りや敬語表現などをしっかり押さえておきましょう。
大問2ではスピーチにおいて実際に話す言葉を考える問題が出ました。
論説文問題でも記述回答がありました。
たくさんの文章を読むだけでなく、書いて表現することにも慣れておく必要があります。古典では内容を正確に把握しなければならず、深い理解にいたらない解答が多くみられたとの事です。
古文・漢文についても、基本的な知識をきちんと身につけておきましょう。
《理科の出題内容と傾向》
大問1・・・生物(植物の生活と種類)
大問2・・・地学(大地の成り立ちと変化)
大問3・・・化学(化学変化と原子・分子)
大問4・・・物理(身近な物理現象)
大問5・・・(化学変化とイオン)
大問6・・・地学(気象とその変化)
大問7・・・生物(自然と人間)
大問8・・・物理(電流とその利用)

4分野から満遍なく出題されています。
物理分野では身近なトピックと結びつけて問題がつくられており、現象の本質を理解する必要があります。
また、化学分野では実験の結果について考察する問題の正答率が低く、「なぜこの結果になるのか」を毎回の実験に関して丁寧に考えるとよいでしょう。
知識のみならず、必要な情報を読みとり、知識を活用して答えを導きだす力が問われています。
《社会の出題内容と傾向》
大問1・・・地理
大問2・・・歴史
大問3・・・公民
大問4・・・地理・歴史・公民融合問題

地理分野では世界や日本の特色を様々な視点から大観する問題が出ます。
異文化の生活や宗教のかかわりについての記述問題は正答率が低かったとのことです。
歴史分野では、日本史でも記述問題が出題されており、暗記だけでなく出来事の背景まで掴んでおくことがポイントになります。
公民分野では政治、人権、財政に関して幅広く出題されており、基礎知識の定着が重要になります。大問4では3分野の融合問題が出ています。
資料を活用して歴史的事実を推測するなど、高度な内容が問題になっているため、社会科に興味をもち、より深い考察ができるよう意識を高く持ちましょう。
《山梨県教育委員会》
もっと詳しい山梨県の公立高校受験、入試制度の情報は山梨県教育委員会の高校入試情報のページで確認下さい。
http://www.pref.yamanashi.jp/kyouiku/top.html
《山梨県の公立高校・私立高校の偏差値》
山梨県の公立高校・私立高校の偏差値の一覧を下記ページにまとめています。
高校受験の志望校選択の参考にして下さい。
山梨県の高校偏差値表(http://www.deskstyle.info/eria/yamanashi/hensachi.html)

♡♡ 山梨で家庭教師をお探しならデスクスタイルへ ♡♡

山梨で家庭教師をお探しの方は、デスクスタイル山梨県ページをご覧ください
山梨県の生徒の口コミ、体験談、家庭教師からの応援メッセージなど多数掲載しています。
家庭教師のデスクスタイル山梨エリアページはコチラ

山梨県内の対応エリアの詳細は、下記リンクより進んでください。
エリア名の横に(※)が付いている場合は、現在、家庭教師の選抜が困難な非対応エリアとなります。


《甲府盆地周辺》

《県東部》

《北西部》

《南西部》

今すぐ無料体験学習に申し込む

割引キャンペーン実施中

時間外のお問い合わせ、フォームでのお問い合わせはコチラ
無料体験学習はコチラ資料請求はコチラ

家庭教師のデスクスタイル > 対応エリア > 山梨県 > 山梨県の高校受験(令和4年/2022年実施内容)